橋本隆史時計屋、信用販売

手首アクセサリ

ブレゲ(Breguet)クリスティーズオークションを2枚更に重要な歴史表項

 ブレゲ社長兼CEOのマーク・海耶克さん(Marc A . Hayek)ジュネーヴクリスティーズオークション行な2種類の非常に歴史的意義のブレゲ黄金懐中時計を含め、一枚搭載ブレゲ初の自然逃げ機構の二問時報時計(番号No . 1135)、10分希少。今回のオークション時計が集まっていて、番号No . 1576と番号No . 1135の2枚ブレゲアンティーク時計計撮れた123、000スイスフランの価格。
001
No . 1135懐中時計
ブレゲ番号No . 1135表の、どんな技術でも歴史の意味で、この枚は懐中時計もは重要な発見。ブレゲの歴史档案記載によって、この表で4年近くの時間が完成し、さらに採用は著名な「E chappement naturel」、つまりブレゲ第一項の自然逃げ機構。同機構と天文钟擒纵機構のように、表面の必要がない衝撃頑張って潤滑、ブレゲ、自リットル式自然逃げ機構の存在する問題を出した一つの究極のソリューション。しかし、その革新は急速に開発コストが高すぎ、生産高難度が大きいため放棄された。ブレゲ全部で30枚のみの生産を採用する逃げ機構の時計と置き時計。新しい逃げ機構、決して1件の沈香も焚かず屁も放らずのことは、本当の時計師がこの革新的な能力を実現。この指番号No . 1135の懐中時計は1806年払い下げ英凡塔多公爵(Pedro Alcantara de Toledoy Salm Salm)(1768-1841)、今回は500、000スイスフランの価格。

淵遠伝承—ブレゲ招待VIP主顧体験手芸な魅力

 自家製のビジネス発生時から手作り工房のセイコー細を代表に信頼できると完璧な品質。ブレゲずっと最も真摯な態度と最も専門の技術を磨き一枚ずつ時計を賜り、尊い主顧に献上する唯一の貴重な臻品。ろく月じゅうろく日及びろく月じゅうはち日、ブレゲ上海半島ホテルブティックブランドVIP招待客は、参加を手芸をテーマにした体験活動を味わって手芸の非凡な魅力。イベント当日、ろく著名客参加体験活動のために、一人一人のお客様が一番と行き届いたサービスを提供し、ブレゲ逸品の店ろくベテランの店員に一対一の解説。ブレゲより特別招待銀彫刻大師、お客様に説明玑ブレゲ透かし模様を刻むの専門知識は、自ら客たちを体験!刻まれ、ブランドの深さが理解を深める。
ブレゲを各お客様を準備した銀や指サック、カッター、補助尺などのツール、客が手掛け、手作りの楽しさや魅力体験を刻む。銀彫りマスターしながら解説玑彫り花の歴史と技術、指導してお客様の正しい使い方ツールのため、理想の模様を刻む。
玑粘カット・ブレゲ独特な標識の一つは、200年前、阿伯拉ハンコック-ルイ・ブレゲ導入この非凡タブ工芸、ここの起源は古代ギリシャの芸術形式で時計業発達。面積が狭いフェイスで表面彫刻入り組んだが、整然としわ変化はきわめて試練時計職人の専門能力、ブレゲ時計職人の使用は完全に手作りの推進とコントロールの模様を刻む旋盤類彫刻ツールの丹念な彫刻出でデザインした模様。一方では著しく向上時計の「視認性」を運用することができて、一方で様々な飾紋と強調フェイス劃定の異なる地域を設置、各種比較的独立して複雑な機能と時間表示。

ブレゲ(BREGUET):天籟の音澄んで感動させる

 革新は源として、固本。自1775年創立のブランド、ブレゲが持つ伝統を守る、開拓・革新の精神、流れの時計界に貢献の多くの革新的なデザインをより豊かに、時計の内包。陀勢車と音のバネこの2つの大きい卓越して発明するのは更に深刻な影響の時計領域の走。多くの人望雲の情の複雑な機能の中、3問アラーム機能を持つ唯一無二の地位に違いない。実際には、時間の流れが変わる澄んだ音だけではなく、詩情あふれるデザイン、必要の精密繁雑な工芸。ただ絶妙な発想と完璧な工芸の完璧な組み合わせは、才能を本当の伝世の傑作。
伝統的な3問時報時計一般タッピングキャップの発生の鳴く音アラーム、1783年まで、時計師阿伯拉ハンコック–ルイ・ブレゲさん(A.-L . Breguet)初絡みムーブメントを利用して週囲の金属糸(つまり音を実現するために、アラーム機能時計ぜんまい)。この革新的な技術の理念を根本から覆す伝統3問表の時報構造、いまだに影響深い登場。2016年、ブレゲ重ポンド発売Tradition伝世シリーズ3問時報陀のはずみ車の腕時計、全く新しい革新概念を時計Tradition伝世70873問時報陀のはずみ車の腕時計。7087ろく項を持つ新しい特許とごのない機械式時計で使用した重大な革新的な要素、それにより注目の焦点になる時計。

ブレゲ(Breguet)クリスティーズオークションを2枚更に重要な歴史表項

 海耶克さんが買ったもう1項の中型特注腕時計についての「1576」と書かれ、制は1805年、このきゅう、く月はち日払い下げブレゲ当時サンクトペテルブルクでの代理莫洛さん。この懐中時計の最大の特色は簡明な優雅なデザイン、利用単根針で指示時間と分。さらにまれな、この表モデルを採用したゴールド?内底蓋をし、これに対して非常に珍しいタイプの懐中時計。
1794年、フランス大革命の中、阿伯拉ハンコック-ルイブレゲ(Abraham-Louis)さんが発表した特製极简式ムーブメントを搭載した時計作品。この表の特注の形式で発売し、受注総額の4分の1に手付金として、交付時に更に殘金皆済。特注販売の形式は頼もしいまたお得で、大きな成功、そして多くの新しい顧客を引きつけました。この時計はゴールド?ケースと銀のケースの二種類があり、全部で約700枚だけ作りました。
番号No . 1576と番号No . 1135の2つの作品もすべて曾在ブレゲ時計の歴史の中でと位置づけ、今ようやく復帰。この2枚の貴重なブレゲ時計の骨董品が入って、再び改善ブレゲ博物館に無数の豊富な時計を来場者の目を大切に。

超ハイビートで時を刻む最先端ウォッチ

 

ブレゲが2013年のバーゼルワールドで発表した新作、「クラシック クロノメトリー 7727」は、毎秒20振動(10Hz)、毎時7万2000振動というウルトラハイビートで時を刻むシリコン製ダブルヒゲゼンマイ&インライン・スイスレバー脱進機にくわえ、脱進機の天真の軸受けに、位置を安定させてより高精度での作動を実現する「マグネティック・ピボット機構」を搭載した超高精度モデル。

なんと平均日差はマイナス1秒~プラス3秒で、6姿勢における一日当たりの姿勢差もマイナス2秒~プラス4秒に収まっているという。これは、COSC公認クロノメーターの日差マイナス4秒~プラス6秒をはるかに凌ぐものだ。

«1»
最近の投稿
Tags列表
ブックマーク

Copyright by www.handjewelry2016.top 手首アクセサリ2017 、橋本隆史時計屋、信用販売.