橋本隆史時計屋、信用販売

手首アクセサリ

ロレックスは2014年に上海、上海に上陸する準備を用意してありますか?

 世界的に有名なスイス時計ブランドロレックス上海外灘"ロレックス世・界」、盛大に開かバーゼル2014年世界新品展覧会。か月ぶりに経さん、私たちはずっと期待のロレックス新品ついに国内スロ全貌は、調査によると、今回の展示会はメディアに対して、公衆の同じ機会に参与して、いっしょに分かち合うことロレックス非凡な作品。時計の時代には、このイベントに招かれていた。
「ロレックス世・界」は世界で唯一のロレックスブランド特に体験館、正式オープンは2011年きゅう、く月に助けを借りて、ルーズベルトプライベートリゾートのプラットフォーム、公に名は体を表すのインタラクティブ体験。に入るにヨーロッパ風情の「ロレックス世・界」の後に、我々は心をこめて手配したブランド体験現場、ロレックス2014新品ポスターを見せて人に挑む新作の魅力。展示区、ショーウインドーの内で精巧な作品は人を忘れることがある。ちなみに、今回の新商品展示会、だけがここで行われ、全国展開をしないため、興味の友達はこの機会に急い親芳沢。
活動現場、ブランドは、私たちが製品とブランド文化の説明をしていると説明した。1992年ロレックス垂直統合製品ライン以来にもかかわらず、ブランド製品を持っている膨大な数と版代が、全体の核心理念や製品の特色に非常に明確で、だから私たちが探して自分のロレックスし、我々はより信頼性の高い効果的な根拠。ロレックスずっとからみんなの印象の中では丈夫で長持ちの代名詞で、しかしみんな見落としがちそれで働くと同じ文化に長け、カキ式からまで潜航者再Deepseaまで、今回帰海を型に、我々はロレックス潜水表分野での成長と突破。一体式の表耳、易調鎖リンク、ワニ皮バンド、二色セラミック圏、トップダイヤモンド象眼など、いずれも体現しているロレックス腕時計の繊細な外観。といっても、ロレックス、いつも私たちの話が終わらない話題が。

ロレックス(Rolex)時計から世界の歴史を創造した腕時計

 ロレックスの哲学は:私たちは、製品を製品に言いに行くことを言いません。しかし決して代表しないで幽谷を出でて喬木に遷る、スポーツと芸術のほか、ロレックスの公式サイトでは、制品と企業の社会的責任の公益活動が半分ずつ。して偉略賞、創意推薦資金計画、芸術展と教育計画を構成しました。ロレックスブランドの1つの重要な部分。
ロレックス悠久の製表伝統と現代の傑出技術、経典の作。防水防塵のロレックスケースは1926年の発明。ご年後の1931年、ロレックス創作した成績で、設計に自動的にシステム――恒动タリウムを並べ、その腕の動きを腕時計の動力軽い変換。1945年ロレックス発売カキ式恒动日誌型腕時計「Datejust」、それが世界の歴史を創造した腕時計。同項の腕時計の表面に初めて、カレンダー表示機能から、「日誌型」という呼称ことがタイトルの由来。今、日誌型腕時計はロレックスカキ式シリーズの中で最も人気の表の、豊かなデザインが選べる。

第52回ロレックスは24時間24時間耐久戦を盛大に幕を閉じて

 今回の試合の戦況は人心が弔て、中にはリードするチームは最後の段階で敵の強力な相手にはかなわない。特に試合終瞭前の最後のにじゅう分、リードしてチーム距離に引き入れ、最後にAction Express Racing艦隊のご号・コルベットDPは1.461秒差もぎ取るリードしてチャンピオン冠、試合の肩書き。優勝チームを率いたドライバーはそれぞれJoao Barbosaと三度を獲得して試合のチャンピオンポルトガル人ドライバーChristian Fittipaldiや、フランスからル・マン、初優勝は耐久レースのSebastian Bourdais。また、ORECA FLMきゅう、くチームは成功をPCレベルの試合。また、GTLMとGTDレベルの試合中、911番北米ポルシェ艦隊のPorchse 911RSRと555号でごMotorsport艦隊のFerrari 458Fそれぞれチャンピオンをとれる。

ロレックスを全面的に向上ロレックス産時計の精密度

 ロレックス精密度に持って妥協のない堅持して、1970年代以降毎年取得してC.O.S.C .スイス公式天文台認証の表の数が年々居冠。そしてすべてを通じてC.O.S.C .位でBielとSaint-Imier 2か所の実験室の認証のムーブメント、返してロレックス工場装殻後も、表の形でまた一度基準の厳格化の工場として内部検出ルーチンC.O.S.C .認証の補充、つまり面盤に「Superlative Chronometer Officially Certified」と書かれの意味。
このセットの厳しい内面検出ルーチンは行の年が、ずっと低調の行事は全然なかっロレックス正式発表このセット内検査プログラムの詳細。外国メディアの報道によると、ロレックスは工場の中で設置するひとまとまりの最先端の機器設備及び認証プログラムによってこれらについて、組み立て完成の表、検査が含まれてシミュレーションの実をロレックス検査項目は、この項の検査の目的が腕時計シミュレーション現実生活環境に装着された実態。また、このセットの全自動検出ルーチンも検出できる腕時計の防水能力、自動で錬機能および動力を蓄え、確認のすべての腕時計の信頼性、耐久度や、耐える衝撃の能力と磁力。今日誤差-に/ +に秒以内の超高精密度となるこのセット内検査プログラムの最新の基準を超える日だけでなく、誤差-よんしよ/ +ろく秒のC.O.S.C .認証、同時に日を超えて誤差-さん/ +ご秒のGSは、くわえてくくるすべてOysterカキ式型やCellini彻里ブリタニア腕時計、もう一度磨き上げた面盤の上の「Superlative」マーク。

ロレックスは、国際建築展と協力―2016年にベニスのダブル

 ロレックス喚問やイメージ総監アーノルド・ボット斯(Arnaud Boetsch)は「建築ビエンナーレの協力、私達はとても誇りに思って。建築とタブたくさんの共通点は、どちらも兼ね備えなければならない機能と美学も、便利で実用的な、また目。これを行うには、正確でなければならないとの性能の方面で最高の水準に達する、これこそロレックス胜人一筹ところも、今後の6ヶ月、この歴史ある町で行われた展覧会で示せ。」
ロレックス世界をリードする高級腕時計ブランドは、一世紀以上前の創業者のハンス・ウェルズ多夫(ハンス!Wilsdorf)の信念に力を入れて、すべてのレベルを改善。彼は新しいケースを創造した構造を、経典のカキ式シリーズ初の防水時計のようになって、偉大な建物のようにして、時間の洗練して倒れず。
過去50年、ロレックスそのオフィスビルの設計と建築、要求とタブ理念も一緻して、同様に努めて卓越した。会社の最新の2棟のオフィスビル、隈研吾(Kengo Kuma)設計のテキサス州ダラスオフィスビルや、イタリア艾宾尼建築士事務所(スタジオAlbini)設計のミラノオフィスビルは、展示に焦点を当て、展覧はロレックス展覧会開催の花園。
ノーマン・フォスタージャズ(Lord Norman Foster)、ダニエル・でバーズ金(ダニエルLibeskind)、フランク・ゲーリー(Frank Gehry)、西泽立衛(Ryue Nishizawa)などの有名な建築家はかつてロレックス创艺推薦資金計画(Rolex Mentor and Protege Arts Initiative)顧問を務める。この計画は2002年設立以来、指導教官の芸術家が務めアルバロ・西ゆい(Álvaro Siza)、妹島和世(Kazuyo Sejima)、ピーター・ズントー(ピーターZumthor)して、現在の担任を受け持つデイヴィッド.奇普フィールド(Sir David Chipperfield)、2012年務め建築双年展の策展の人。

ロレックス日誌型シリーズは超高人気?

 ロレックス日誌型シリーズは富んでいる革新精力が溢れて、しかもに完璧を追求して、ロレックス日誌型シリーズについて、「道徳」はただ言うだけ。ロレックス日誌型シリーズ「穏やかで、腕時計、適用酒落」の設計スタイルは、人々が推賞され、正確と耐久性をロレックス日誌型シリーズの価値が非凡である。ロレックス日誌型シリーズ各時計技師均に同じ自信は、いかなることでも精進。彼らは先端の科学技術協力を持っての、すべての生産工程を経て保証は厳しい品質管理、各表に気圧防水性能室のテストで、そして100年誤差2秒の原子時計し精度校正限り、発明は少し不合格の、つまり完成すべて舎、質量テストの表が出荷。
一匹のロレックス日誌型シリーズ表が優雅にきれいで、分秒は悪くない、全で220件モジュールの改善連合。ロレックス日誌型シリーズ表でセットされて、組み合わせの過程で、各コーナーも善を尽くし美を尽くす、天衣無縫とロレックス日誌型シリーズ時計職人の芸術の作。事実上、ロレックス日誌型シリーズ各タブ工芸コーナーも厳しいを重んじて、表には原始素材の選択のほか、宝石を散りばめ配地位や、アルバイトでも繰り返しのスケッチデザイン、沉思熟虑後最終形。また、ロレックス日誌型シリーズ伝統と共同開発した科学技術相、宝飾腕時計シリーズは、貴重な宝石をちりばめ艱難に仕事を持つだけ上手手芸の1級の時計職人、担当する能力。
ロレックス日誌型シリーズを求める人、完璧な精力を与えロレックス日誌型シリーズ最高の道徳を表、ロレックス日誌型シリーズを他の表に無比較可能な栄誉。1953年、登山家エドモンド・ヒラリーかぶっていロレックス日誌型シリーズ表を登った探検家よりチョモランマ、雷が同じロレックス費をかぶった南極日誌型シリーズ表を手なずけて、数年後、ロレックス日誌型シリーズが潜入した8万メートルの深海。そのたくさんの探検家の歴史の試みない証事実、それはロレックス日誌型シリーズの品質は優良で、卓を非凡。

«1»
最近の投稿
Tags列表
ブックマーク

Copyright by www.handjewelry2016.top 手首アクセサリ2017 、橋本隆史時計屋、信用販売.