橋本隆史時計屋、信用販売

手首アクセサリ

枯れる美しさ、枯れない美しさ ── 安藤政信×ジバンシィ、フィレンツェでセルフ・ポートレート

ドレスウォッチのドレスとはいうまでもなく洋装の盛装のことであり、時計と服飾の歴史的関係は密である。腕時計が普及する20世紀前半までの時代、時計はポケットから引っ張り出して見るものだった。鎖が繋がっていることもあり、多少下を向くことになる。それが、腕時計の誕生により一変した。腕そのものを視界の中に持ってきて見る時計の誕生は、時間を知るということを、身体運動のレヴェルで変革した。うつむいて時を確認する年寄り臭い仕草は、肘を張る小粋なポーズに取って代わられたのである。
当然、「ドレス」も変化する。フランス語では懐中時計のことをモントル・ド・グーセという。モントルは時計、グーセは多くの場合「ヴェストの」ポケットのことだ。そして懐中時計がすたれていくことは、ヴェストの存在理由も希薄にする。

ラグジュアリーの意味が、いま、問われている

バーゼルでのアメリカズカップをテーマにしたマリンウォッチの発表後、再会したシャティ氏は「私たちの目指す旅の時計は海の世界だけではありません。そこで今回は陸と空の旅をテーマにした新作を発表しました」と口火を切った。

まずドライブの世界観をイメージしたヴォワイヤージュⅡはタキメーターの機能性を革新的なデザインによって表現した意欲作だ。タキメーターは古くからあったものの、日常ではあまり使われていなかった。この機能をリデザインし、シンプルながらも高性能の同軸クロノグラフを内蔵する。「高い技術を容易に使える点がルイ・ヴィトンらしいと思います」とシャッティ氏。

時計はどうやって選んでいますか? 時計マニアに訊く

サッカー選手ってウェアからソックスまで基本はすべてチームのもので、自分が選べるのはスパイクぐらいなんです。遠征時もスーツだったり、鞄や靴まで決まっていることもあります。それこそ時計だけが唯一自己主張できるもので、それがのめり込んでいった大きな理由ですね。

1992年に初めて買った本格的な時計がアンティークのロレックスでした。1971年型の手巻きデイトナ6263で、約70万円でした。23歳だった僕にはとても高く感じられましたが、5倍にもなったいまの価格は信じられないですね。それだけ名作時計は時間を経て、歴史的な価値が増すのでしょう。同世代として僕も負けていられない(笑)。

老舗の底力、“クラシック回帰”

ここ数年、時計界では機構やデザインのシンプルなモデルが潮流となっている。そして今年はシンプルさにクラシカルな味付けをした時計が大充実した。名作の復刻版やヴィンテージなデザインの新作に魅力的なものが多かったのだ。それらはクラシック回帰をしている今日のファッションにうってつけ。そしてクラシックゆえに時代を超えて長く愛せる「定番」としても最高の選択となる。つまり『GQ』読者の男性にとって、最も「買い」に値する時計なのだ。 

ラグビー界のレジェンドが着るスポーツ・エレガンス

チームにおいて“ロック”はパワフルなプレーが求められるポジション。ラインアウトでの空中戦もこなすため、高身長が大きな武器となる。逞しい胸元、そして190cmオーバーの体躯を有する大野氏は、スーツ姿も威風堂々とした色気を放つ。しかも写真を見ても分かるとおり、既製スーツにもかかわらず、こなれた雰囲気が実に印象的なのだ。

「遠征などチームで移動するときはスーツが基本。大きな試合前の着用が多いことから、自然と身が引き締まります」 着こなす際に留意していることは、姿勢をただすことだと大野氏は語る。

その手があったか、新発想の“プチコンプリ”

時計メーカーの技量を証するのが、コンプリケーション。しかし過剰なまでの複雑さは影を潜め、今年はちょっとヒネリの効いた複雑時計が目を引いた。技術を誇示するのではなく、使い勝手のよさや、着想の巧みさを強調した「プチ」コンプリケーション。力量はあるけれど、決してそれをひけらかさない。プチコンプリケーションとは、実はスマートコンプリケーションなのだ。 

ティソレーシングシリーズMotoGP 2015限定版

 この時計は、次のようなオートバイ自体からのインスピレーションを探します。ブレーキディスクに似たベゼル、ストラップの背面のトレッド、ストラップとケースの接合部に似たリアショックアブソーバーのデザイン。 強力なスポーツスタイルは、3眼クロノグラフ機能サークルに30分タイマー、セグメント化または累積可能な1時間タイマー、6時位置にスモールセコンドが表示されることです。クラシックで明確なデザインにより、ユーザーは簡単に始められます。 ホイール式の透明な時計の裏蓋をよく見て、着用者がスイスの高級ムーブメントの動作状態を楽しむことができるようにします。フェイスプレートの装飾と、スーパールミノバコーティングされた針を備えた巧みなスターティンググリッド、ステンレススチールの時計 シェル、ブラックPVDコーティングされた透明なバックカバー、サファイアクリスタルミラーの傷に強い素材は、時計全体の最高の保護を保証し、最大100メートルの防水機能を備えています。海を上下しても問題ありません。

男性愛のスポーツ態度に満ちた世界オートバイ選手権

 2015 Tissot Racing Series MotoGP 2015 Limited Editionは、TissotとMotoGPTM(世界モーターサイクル選手権)の永続的な関係を提供するように設計されています。 テクノロジーはクラシックで革新的なインテリジェンスをアップロードし、全体的な外観はスポーツ精神を1つずつ引き寄せることであり、摩耗の需要の変化に伴い、近年大きな直径の時計がよりダーリンになりました、もちろん、最近ではティソの腕時計はあまり多くありません ティソの時計は、直径40mm以上の大口径モデルを数多く導入しており、直径45mmで、ラフでスポーティーなベゼルで男らしいスタイルが失われず、男性的な味がいっぱいです。 この時計の完璧なデザインは、時計ボックスとスポーツヘルメットのタイプを一致させることで、全体をよりクールで魅力的にします。 エントリー料。

ティソが新しいレーシングシリーズMotoGP 2015限定版ウォッチを発表

 

10月26日、クラシックは伝統の延長を意味しますが、革新はこのクラシックを組み合わせ、別の火花を放ちます。 スイスのプロフェッショナルウォッチブランドであるティソティソは、イベント用の計時機器の製造や公式タイミングメーカーなど、スポーツの世界で長い歴史を歩んできました。スポーツイベントで常に愛されてきたティソウォッチは、今年も新しいファンタジーウォッチを発売しました。 ファンに忠誠を尽くすのではなく、レースファンのグループに待望の理想的な時計を楽しみにさせてください。

新作「パネライ サブマーシブル カーボテック™」

 

パネライは、カーボンファイバーから成る軽量なカーボテック製の新しいプロフェッショナルダイバーズウォッチを発表します。42mmと47mmの2つのサイズで展開です。


 チタンよりスティールより軽く、傷や衝撃に強く、優れた耐食性をもつ素材:カーボンファイバーから成るカーボテックは、パネライによって高級時計業界にもたらされました。マットブラックの外観は、2つとして同じものがない、独自の筋目模様をもちます。新しいパネライ サブマーシブル カーボテック™は、ケース、逆回転防止ベゼル、リュウズプロテクターに、この注目すべき素材が用いられています。ヌーシャテルにあるマニュファクチュールのLaboratorio di Idee(アイデアの工房)のたゆまぬ研究開発によって誕生した、力強いパネライのキャラクターと優れた性能をもつ、2つのプロフェッショナルダイバーズウォッチです。

パネライSIHH 2019新作「パネライ サブマーシブル - 42mm」

 

パネライのプロフェッショナルダイバーズウォッチのコレクションに42㎜サイズの2つの新作が加わりました。ステンレススティール製の逆回転防止ベゼルにセラミックディスクをあしらった、スポーティで力強く、コンテンポラリーなデザイン。あらゆる手首にフィットします。


 この42mmサイズの2つのモデルは、長年イタリア海軍特殊潜水部隊に腕時計を含む精密機器を納入してきたパネライの歴史とDNAを、あらゆる手首の上で力強く表現します。

新たな精彩を放つ「Piaget Polo(ピアジェ ポロ)」コレクション2019

 

「ピアジェ ポロ」の発売から40年、本コレクションを絶え間なく定義し続けてきたひとつの特徴、それは現代との関連性です。「ピアジェ ポロ」は1979年の発売以来、瞬く間にスタイルアイコンとなり、その特徴的な ドーフィン針と文字盤に施された水平のゴドロン装飾は一体型ブレスレットに再現されてきました。


 そして2016年、「ピアジェ ポロ」は新たな時代に向けて、その象徴的なデザインを刷新した新たな外観を披露します。スレンダーなプロポーションはそのままに、大きめのケース、そして長方形と丸みを帯びた形状を 組み合わせたベゼルで、デザインの美しさを讃えたのです。クラシックなファセットカットを施したドーフィン針には、鋭い角度に代わりより柔らかな曲線が取り入れられ、優しい印象へと生まれ変わりました。文字盤とケースもまた、大胆な水平のゴドロン装飾からギョーシェ模様へと移行し、強すぎることのない繊細なテクスチャを加えたのです。

クラシカルなムーンフェイズほか、多彩なモデルが日本上陸を開始!

 1987年にドイツ、ミュンヘンで創業した時計ブランド“ZEPPELIN(ツェッペリン)”。ドイツが誇る20世紀初頭の伝説的飛行船ツェッペリン号や当時の時計からインスパイアされた多彩なモデルを展開しており、ドイツ時計らしいクラシカルで、過度な装飾のない質実としたデザインが時計好きからも人気。現在ではドイツをはじめヨーロッパやアメリカなど世界30カ国で販売されている。
そんな“ZEPPELIN(ツェッペリン)”から今回、“LZ120ローマ クロノムーンフェイズ”をはじめ、クラシカルな意匠を凝らした多彩なモデルが日本での発売を開始。さらに、新モデルの日本展開を記念して、TiCTAC系列の“SPINDLE新丸ビル店”、“junksルクア大阪店”2店舗で、スペシャルフェアを開催する。

高強度インターバルトレーニングに対応した最新スマートウオッチ

フランスのブランド“NOERDEN(ノエルデン)”は、スマートウオッチのデザインの在り方を模索し続け、ミニマルでエレガントな傑作、“LIFE2”を生み出した。今回発売する“MATE2”は、LIFE2の優れたミニマルデザインに実用的なフィットネス機能を大幅に強化。本格的なHITTトレーニングやマルチスポーツ機能を搭載したスポーツウオッチでありながらも、スタイリッシュなハイブリッドスマートウオッチに仕上げられている。 

«91011121314151617181920212223»
最近の投稿
Tags列表
ブックマーク

Copyright by www.handjewelry2016.top 手首アクセサリ2017 、橋本隆史時計屋、信用販売.