橋本隆史時計屋、信用販売

手首アクセサリ

匠心独运平方寸の間に解読ジャック徳罗微絵エナメル

 この伝統技は科学技術の高度発達の今日にも、先進術に取って代わることができない。今はこの技の時計工匠を掌握して、高品質のマイクロ絵のエナメルはますます稀代の珍品になり。300年もの歴史を持つ近く、大明火エナメル工芸馳名は世にジャック徳羅(Jaquet Droz)、21世纪に続けるマイクロ絵エナメル技術を継承させ、恒久殘され。
匠心独运平方寸の間
一つの成功のエナメル芸術の珍品は、その精密なきわまる、線がはっきりと完璧な輪郭にかかっている。ヤクの大明の大明のヴィトンのヴィトンの文字の世界屈指、腕時計の完璧な機械の性能を保証して、エナメルのは大家の1一縷の筆触はすべて精密にきわまることが必要です。

アメリカで最初にパテック フィリップを販売

 

“New York Minute”という言葉がある。名詞ともなっているこの言葉は、“充実した時間は瞬く間に過ぎ去り、次の瞬間には、すべてが変化している”という意味をもつ。スピーディーなNYの街を象徴する言葉だ。そのはじまりともいえる出来事が、1853年、ティファニーの創業者であるチャールズ・ルイス・ティファニーがブロードウェイのティファニー本店の正面玄関に9フィート(約2.7m)にもおよぶ巨大な“アトラスクロック”を設置したことだ。このクロックは初の公共時計としてニューヨークの象徴となり、ニューヨーカーたちに、この時計を基準に時計を合わせるという風習が生まれた。こうして“New York Minute”は定着していった。

ファッションに合わせてカスタマイズする、自分だけのリストウェア

 

デザインと品質に優れたメイド・イン・ジャパンの腕時計を、ライフスタイルやトレンドに合わせてカスタムオーダーできる「Maker’s Watch Knot」。

このたび、吉祥寺の東急裏エリアに、同ブランド初となるギャラリーショップがオープン。落ちついたグレートーンで統一された店内には、専用ディスプレーにずらりと商品が並ぶほか、タブレット端末が用意され、1000種類以上のコーディネートを試すことができる。

「結ぶ」や「絆」という意味をもつブランド名があらわすとおり、世界中のユーザーに「優れたデザインのリストウォッチを日本品質とリアルプライスで提供する」をコンセプトに掲げている「Knot(ノット)」の時計。

モダンな風を吹き込むアリゲーター革のストラップも用意

 

1935年の誕生以来、メゾンを代表する作品のひとつとなっている「カデナ ウォッチ」。
ウィンザー公爵夫人からインスピレーションを得たというクラスプの形にくわえ、二本のスネークチェーン、直線的なケースライン、南京錠を思わせるアタッチメントというオリジナリティ溢れるデザインが特徴で、アイコニックなジュエリーウォッチとして親しまれてきた。

2015年モデルでは、文字盤と石のセッティング、クラスプのデザインを変更。当時のマナーに沿って時刻を密かに確認できるようなデザインのまま、新作では大きな文字盤を採用。オリジナルの文字盤の傾きはそのままに、視認性を高めた。

キラキラと輝きに満ちた幸運を手もとに演出

 

チャーム ゴールド ウォッチは、メゾンの象徴ともいえるチャーム ウォッチ コレクションの純粋さを余すところなく表現。1920年代からメゾンが制作してきたチャーム ジュエリーのデザインを継承しながら、ベゼルに柔らかさのあるピンク ゴールドを採用。伝統的な研磨とサテン加工の効果を融合することにより光を優しく反射し、手もとに女性らしい輝きを添えてくれる。

また、ケース周りには軽やかに回転するラッキーチャームを配し、遊び心とエレガンスを表現。まばゆいホワイトラッカーの文字盤にはチャームを表現したギヨシェ彫りをほどこした。四つ葉のクローバーをモチーフにしたラッキーチャームが仕草に合わせて可憐に動くデザインは、見るたびに輝きに満ちた幸運の瞬間を演出してくれそう。ストラップには気品漂うブラックサテンを使用し、ケースの縁にはヴァン クリーフ&アーペルのブランドネームを筆記体で刻印。ケースは3サイズ展開で、ミニが25mm、Sが32mm、Mが38mmとなる。

海洋保護活動のパイオニアに捧ぐ一本

 

スイスの中でも最もドイツに近い、ライン川沿いの美しい小都市シャフハウゼンで、質実剛健な「男のための腕時計」を作り続ける名門は2014年、1967年からスタートした人気のダイバーズウォッチコレクション「アクアタイマー」を完全リニューアルした。

防水性の向上とともに今回のリニューアルで大きなテーマとなったが、ダイビングシーンに限らず日常で幅広く活用できる洗練されたデザイン。前モデルではケースベゼルの上にセットされていた潜水時間マーキング用のベゼルが、アウターベゼルを動かすことでインナーベゼルを操作できるアウター/インナーベゼルに進化。スーツでも違和感なく着けられるダイバーズとなった。またストラップも、ケースとの接合部にあるツメを押すだけで着脱ができるクイック交換可能なタイプに進化している。

コンコルド広場のオベリスクがティファニーブルーに

 

新店舗のデザインは、ラグジュアリー ブランドとしての名声と1868年のパリ初出店をふくむティファニーの177年の歴史を反映。ティファニー ブルーの照明が印象的なファサードから優雅なインテリアまで、ニューヨークのエネルギーとパリのエレガンスを融合させたラグジュアリーな空間を演出した。

 

店内はプライベートサロンも備えた3フロア構成で、各フロアは壮麗なシャンデリアを囲むように、カラカッタ大理石とライムストーン素材を使用したらせん階段でつながっている。ダイヤモンドの美しい輝きを引き立たせるように自然光を最大限にとり込むウィンドウを設置。至るところに、ティファニーとフランスの強いつながりを象徴するアイテムや歴史をテーマとした写真や絵画が飾られている。また、店内の中心に飾ってあるシャンデリアは、ロンドンの「Studio Roso」 が手がけた作品である。ティファニーの創業年にちなんだ1837本のガラスのチューブが、滝のように3階から1階まで流れ落ちているのが印象的だ。

ショーウインドウにはサファリシリーズの世界をあらわしたディスプレイも

 

ラルフ・ローレン氏が長年魅せられてきたサファリへの熱い想いから昨年誕生した「サファリ コレクション」をはじめ、全コレクションが展開される「ラルフ ローレン ウオッチコレクション」。

会場には、ラルフ ローレン初となるスイス公式検定機関によって検査された高精度のクロノメーター ムーブメントを搭載し、今年1月のSIHH(スイス高級時計展)で発表されたばかりの「サファリ RL67 クロノメーター」が登場。サファリシリーズ最大の特徴である、使い込まれた質感のスティール製ケースとバックルはあらたな技法により表現され、はじめてのネジ式リューズを採用。100メートルの防水性能を誇るという。

この100年の発展、最大の原動力は“お客様の信頼”

 

──国内における腕時計の第1号製品であり、国産初の腕時計として誕生した「ローレル」の製造開始から、今年でちょうど1世紀を迎えました。今振り返ってみると、この100年間に渡る発展の大きなきっかけになった重要な出来事や製品は何でしょうか?

会社の創立から数えると、今年で132年という年月が経ったことになります。この100年の基礎になった大きな出来事は、私は3つあると考えています。

ひとつは、私が知らない昔のことですが、1923年に起きた関東大震災のときの、創業者・服部金太郎翁の決断です。震災で店舗から工場がすべて灰に。さらに修理のためにお預かりしていた時計の大半が灰になった。この時、翁はお預かりしていた時計の代わりに、新品の時計に無償で交換してお客様にお返しした。この時に得たお客様の厚い信頼が、今日のセイコーの何よりの基礎になっていると考えています。

雫石高級時計工房の見学ツアープレゼントキャンペーンを開催

 

日本初の高級腕時計として1960年に誕生したグランドセイコー。今年はセイコーが発売した国産第一号の腕時計「ローレル」が産声をあげて、100周年という節目の年を迎える。

それを記念し、自他共に認める熱狂的なセイコーファン、時計ジャーナリストの広田雅将氏の解説を受けながら、セイコーの腕時計の真髄、グランドセイコーメカニカルモデルがつくられている岩手県雫石町にある雫石高級時計工房を見学できるツアーが11月20日(水)、21日(木)に開催される。

9月2日(月)から10月18日(金)まで、全国約130カ所にあるグランドセイコーマスターショップでの、グランドセイコー購入者が対象となる。参加できる人数は10名だ。ツアーでは、広田氏がガイド役となり、グランドセイコーメカニカルモデルの生産現場にユーザーを招待。

「tokidoki」とのコラボレーションモデルも限定先行発売

 

「カール・ラガーフェルド」ウォッチは、ブランドを象徴する意外性のあるデザインと素材を取り入れ、粗いメタルの金具と相反する上品なレザーディテールを組み合わせた特徴的なコレクション。今年2月に東急プラザ 表参道原宿をはじめ世界同時発売で話題となったのが、記憶にあたらしい。

今回ポップアップショップに登場する2013年秋冬コレクションの取り扱いは、国内では東急プラザ 表参道原宿のみ。最新コレクションを最速で手に入れることができる。

また期間中、世界的人気ポップカルチャーブランド「tokidoki」とコラボレーションした、限定モデルの先行発売が決定した。全世界数量限定で展開されるこのコラボレーションモデルは、かわいらしいキャラクターに生まれ変わったカール・ラガーフェルド氏が印象的。アイコニックなサングラス部分がデジタル時計になった、ペンダントタイプのウォッチだ。

デザインと機能を融合させたハイエンドな電波腕時計

 

ポール・スミス ウォッチの2013年春夏新作アイテム「Closed Eyes TT mini」は,スポーティかつ、エレガンスに満ち溢れた、ミニマルな装いのタイムピース。繊細なギョーシェ彫りをほどこしたダイヤルに、品格漂う細身のインデックス。コンパクトでシャープな31ミリのケースが、大人の女性の手元にすっきりとフィットする、ジュエリッシュなデザインが印象的な一本に仕上がった。このモデルにもポール スミスらしいカラーリングセンスは健在で、文字盤とベゼル、ケースが美しいコントラストを奏でている。

4つのテンプを持つ“革新”満載の複雑時計

 

時計愛好家垂涎の複雑機械式ムーブメントと大胆不敵なデザイン。そして、ジュネーブ・シールが象徴する伝統的な時計製造文化の継承。相反するともいえるこのふたつを看板に、高級時計ブームを牽引してきた1995年創業のロジェ・デュブイ。

2011年と2012年のSIHH(ジュネーブサロン)は、同社にとってコレクションの再構築とブランドの本格再始動を宣言した年であった。「プレイヤー(社交)」「ウォリアー(戦士)」「ベンチャラー(冒険家)」「ディーバ(歌姫)」という4つのファンタジー・ワールドを構築し、その世界に対応したコレクションを展開するという試みは、これまでの高級時計の世界にはない斬新な製品づくりのアプローチであり、世界中から集まった時計関係者を驚かせた。

初のミニッツリピーターでまたも薄型新記録

 

ピアジェはふたつの偉大な顔を持つスイスの中でも珍しい存在だ。セレブリティたちに愛されるきらびやかなハイジュエラーと、機械式、クォーツ式を問わず超薄型の優れたムーブメントとそれを収めるケースをゼロから開発製造できるスイス屈指のマニュファクチュールである。2013年もこのふたつの顔を象徴する画期的な新作腕時計が登場した。

最大のトピックはマニュファクチュールとしてのあたらしい偉業、同社史上初のミニッツリピーターモデルだ。ミニッツリピーターで自動巻きというと構造上厚くなって当然のはずだが、新開発のムーブメント1290Pはマイクロローター機構を採用することで、ムーブメントのみで厚さ4.8mm、クッション型ケースへの実装状態でも9.4mmに収めている。しかも音質にこだわり、耐久性についても通常のモデルと変わらぬテストをクリアしている点も画期的。ピアジェの歴史、そして複雑時計の歴史に、またひとつ新たな1ページが加わった。

«858687888990919293949596979899»
最近の投稿
Tags列表
ブックマーク

Copyright by www.handjewelry2016.top 手首アクセサリ2017 、橋本隆史時計屋、信用販売.