橋本隆史時計屋、信用販売

手首アクセサリ

私は葉巻と高級時計が大好きです。

葉巻は人間の心の中にヒロイズムを具現化したものであり、現代社会における紳士の地位の象徴でもあり、タバコに負けない感覚を人々に与えます。 すべての高級品と同様に、良いものは一致するために良いものを必要とし、一致する葉巻は豪華なものと呼ぶことができます。 葉巻を一口一杯丁寧に味わうのは珍しい体験で、香りが空中に溢れ、かすかな煙の雲に包まれ、時計の針を回し、過去を思い起こし、考えたり、目を閉じたりする。 それはすべて快適です。 葉巻を味わったり、ハオウオッチを身に付けたりできる人はいないかもしれませんが、社会の常識として、誰もが見ることのできる、少なくとも一生懸命働く動機としてはすばらしいものです。

あの頃追いかけてきた時計の針

「ニュルンベルクの卵」が世界初の時計として登場したとき、すでに指針がありました。 それ以来、ポインタは何百年もの間時計の心の窓でした。 ブレゲによって発明された青い鋼のポインターはクラシックです。2世紀が経過しましたが、その魅力はまったく失われていません。 時間を表示する方法はもはやポインターに限定されていませんが、時計工場の製品の仕上げとしてのポインターは、ブランドのステータスを決定します。 手と時計の目を比べると、時計の魅力が目に入ってきます!

クラシックだが古風ではないレディスドレスウォッチは今でも美しい

 この時計を選択するのは、巻き上げの煩わしさから女性を守るためです。女性の手首には多くの装飾が施されています。ときどき棚に置いたり、巻き上げを忘れたりすると、時計の通常の使用に影響が及ぶため、クオーツムーブメントを購入することも賢明です。 選択する。 同時に、正方形のケースは丸いケースに比べてフォーマルで整形式であり、ほとんどの女性は暗いプロの服装を着ており、オフィスやオフィスビルの間を行き来し、明るいシルバーで手足を上げています。 フランスの戦車はすべて、スキルと巧妙さを感じさせます。

8秒でビデオを見て、2番目のアジアの高級時計展「時計と奇跡」に足を踏み入れてください

 

ウォッチハウスのフロントレポートチームが予定通り香港に到着し、今朝、展示エリアに入りました。 世界のトップウォッチブランドの新しい時計が再び翔江に集まり、魅力的な展示形式と遺産と文化の深い意味合いとともに、ユニークな芸術的なごちそうを作り出しました。 4日間の展覧会では、アジア太平洋地域の時計コレクターや愛好家のために、目もくらむような感覚的な体験を提供することになっています。

       Watch Houseは、公式のWeishiで「Watches&Wonders」(Watches&Wonders)Asia Haute Horlogerie Exhibitionのライブ放送について報告し、誰もが直接見られる時計展示リソースを共有しました!

絶妙で複雑な職人技事件の裏話

時計に関しては、人々は通常、その精巧な文字盤、長くて細い針、そして甘い計時に感心することに慣れています。このような現象の名前を非難することはできません。英語の「case」(フランス語の「bo?te」は「box」ボックスを意味します)は、「technical element」(テクニカルエレメント)と「container」(コンテナ)を連想させます。ただし、ボックスにあまりにも興味がある場合は、より美しい名前を付けると注目を集めやすくなります。

 2013年に戻ると、機械分野の時計愛好家に常に驚きをもたらしましたが、Roger Dubuisによってリリースされた結果はまだ誰もが期待する以上のものであり、業界も驚きです。つまり「Quatuor」です。

将来のロジャーデュブイオマージュシリーズコーミングに戻る

Roger Dubuisブランドにはまだ発言力がありますが、このブランドを初めて見たのは10年以上前のことで、まだHaojueと呼ばれていました。当時、ロジャー・デュブイはまだ10年も経っていない新ブランドで、当時の名前は知りませんでしたが、とても感動しました。初めて見た時、実際にこんな形の時計が世の中にあると感じましたが、四角いケースに8つの尖った点があり、この形は本当に変なので、普通の特殊な形の時計を考えていました。動きはあまり良くない。そして、この時計を裏返してみると、びっくりしましたが、ムーブメントは古臭く、新ブランドのぎくしゃく感もなく装飾されており、ムーブメントにはジュネーブのマークが2つ刻印されています! 10年以上たった今、ロジャー・デュブイは、非常に前衛的な外観と非常に伝統的な心を持ったブランドの印象を与えてくれました。時計業界の新たな探求と、昨年再び栄光を浴びたオマージュシリーズは、当時のロジャーデュブイ氏の革新的なスタイルを見せてくれました。

時計と王室:ヨーロッパのライオンボナパルト

ボナパルト王朝(ボナパルト、1804-1814、1815、1852-1870)といえば、ヨーロッパの歴史を理解していない人はそれに慣れていないかもしれませんが、この華麗な王朝-ナポレオンボナの創設者になると バー、おそらく誰も知らない。 数百年も続いた他の封建王朝と比較すると、ボナパルト王朝は、比較的若い王朝であり、純粋な意味での資本主義王朝でした。 足跡はヨーロッパのほぼ全域に及び、近代ヨーロッパの歴史で言及されるべき家族となった王朝は、支配者の姓にちなんで名付けられました。

唯一の透明なデザインシリーズ、Rolex Celliniシリーズ

 

Rolex Celliniシリーズは、正規の時計と見なすことができるRolexの唯一の時計シリーズです。また、Rolexの中で唯一透明なデザインの時計です。他のRolex時計との違いは、このことからもわかります。Celliniシリーズの名前はイタリアルネサンスの聖地の尊敬を集める芸術家であり、金細工師であり彫刻家でもあるベンヴェヌートチェリーニであるこの名前は、このシリーズの各精巧な時計の古典的な優雅さを反映しています。今日、ウォッチハウスはあなたにチェリーニシリーズのレビューをもたらすでしょう。

動物もカーニバルが大好きです精神ヘビは狂っています

 色とりどりのクリスマスカーニバルがやってきます。冬の寒さとかすみでさえ、祭りの喜びと落ち着きのなさをほとんど隠すことができません。 野生のジャングルには動物の王国があり、高級ジュエリーや高級時計の世界にも動物の王国があります。 ライオンでも、ワシでも、チーターでも、美しい蝶でも、かわいいパンダでも、ペンギンでも、海洋生物でも、神秘的なヘビでも、奇妙なハリネズミとカタツムリでも...フェスティバルのためにたくさん生まれています 、記念のために生まれた、彼らは呼吸しませんでしたが、休日の到来の息を痛々と嗅ぐことができます、彼らはまたクリスマスカーニバルを待っています。

ロレックスポール・ニューマンデイトナ時計業界の落ち着いた態度

 1966年頃にアメリカで発売されたRolex Ref。6239 Cosmograph Daytonaは、「エキゾチックダイヤル」と呼ばれる特別なダイヤルデザインを採用しており、当時の価格は約219ドルでした。 2013年11月、クリスティーズのデイトナをテーマにしたレッスン1オークションで、ロレックスRef.6263 / 6239コスモグラフデイトナは驚異的なUS $ 1,089,186で販売されました。 ポール・ニューマンと呼ばれるニックネームは、世界で最も人気のある時計モデルの1つです。 最初の外観は驚くべきものではなく、アメリカの俳優のアイスブルーの眼のおかげで、オリジナルのDaytonaは技術的なステレオタイプを排除し、魅力的な魅力を醸し出しています。 今日、多くのコレクターは夢に触れるためだけに一生懸命検索し、激しく入札しています。

国内最大規模を誇る宝飾品イベントが予約制で開催

1932年(昭和7年)創業という国内きっての老舗宝飾店であるトミヤグループは現在、地元の岡山市に複数店舗を構えるほか、2015年には広島店を、さらに昨年は初の郊外型大型店として倉敷店をオープン。西日本を代表する正規時計販売ショップとなっている。

そんなトミヤが主催する宝飾品販売会「TOMIYA 創業祭」は、毎年創業年にちなんで“7”月に開かれており、一流ブランドのウオッチやジュエリー、アクセサリーなど、普段トミヤ店舗で扱っている商品から、同イベントのために揃えられたアイテムまで、トミヤセレクトの魅力的な品々が一同に集められる。

世界中の時刻が一目で読み取れるアーティスティックな逸品

「グローブトロッター ナイト」Ref.1WTAS.B01A.C121S 221万1000円/手巻き(自社製Cal.A&S6022)、毎時2万8800振動、45時間パワーリザーブ。ステンレススチールケース(シースルーバック)、アリゲーターストラップ。直径45mm(厚さ10.4mm。ドーム型サファイア含む厚さ17.2mm)。3気圧防水。世界50本限定
 
グレーとブルーの絶妙な色合いで描かれた立体的な北半球は、大陸、海洋、大都市の明かりを表現したもの。北半球が1日1回転し、18時から6時の薄暗くなった24時間リングで昼夜判別まで地図上でわかる。 

星雲のように広がる壮麗な人気作が扱いやすいステンレススチールモデルで登場

「ネビュラ38 スチール」Ref.1NECS.B01A 176万円/手巻き(自社製Cal.A&S5101)、毎時2万1600振動、90時間パワーリザーブ。ステンレススチールケース(シースルーバック)、カーフストラップ。直径38mm(厚さ8.91mm)。3気圧防水
 

昨年、18Kローズゴールドモデルが誕生したネビュラ38にステンレススチールケース仕様が誕生。三角ブリッジ7つをシンメトリーに配した自社製キャリバーは、モデルが“星雲”を意味する通り、宇宙に広がる対称性の美しさを表現している。

ロレックスポール・ニューマンデイトナ時計業界の落ち着いた態度

 1966年頃にアメリカで発売されたロレックスRef。6239コスモグラフデイトナは、「エキゾチックダイヤル」と呼ばれる特殊なダイヤルデザインを採用し、当時の価格は約219ドルでした。 2013年11月、クリスティーズのデイトナをテーマにしたレッスン1オークションで、Rolex Ref.6263 / 6239コスモグラフデイトナは驚異的な1,089,186米ドルで売られました。 ポール・ニューマンと呼ばれるニックネームは、世界で最も人気のある時計モデルの1つです。 最初の外観は驚くべきものではなく、アメリカの俳優のアイスブルーの眼のおかげで、オリジナルのデイトナは技術的なステレオタイプを排除し、魅力的な魅力を醸し出しています。 現在、多くのコレクターは夢に触れるために懸命に検索し、激しく入札しています。

«8910111213141516171819202122»
最近の投稿
Tags列表
ブックマーク

Copyright by www.handjewelry2016.top 手首アクセサリ2017 、橋本隆史時計屋、信用販売.