橋本隆史時計屋、信用販売

手首アクセサリ

中国の景気低迷は腕時計のコレクションにどんな影響がありますか?

過去数年間、中国資本の蓄積が急速に進み、外貨準備と贅沢品の輸入が見られます。ファッション、ワイン、芸術品、または時計に関わらず、果てしなく続くような需要に直面して、どれが儲かる鉢でいっぱいですか?2008年以来、西洋世界は金融危機の衝撃でよろよろしています。欧米の伝統市場の需要が不振で、贅沢品はかつてない方法で東に向かっています。世にも不思議なことに、かつての輝かしい転入は低迷しています。中国政府のごろつきとともに、中央銀行は積極的に経済成長を刺激し、風雨が訪れます。
過去数ヶ月間、競売場のバドル・フィレの現代腕時計の価格が下がり始めました。これは偶然ではなく、株式市場の下落のイメージであり、かつての時計投資の寵児の背丈にも及ばず、経典がRef.5070のようであっても免れることはできませんでした。
問題は主に二つの面がある。一方、一部の国はマレーシアやタイのように(同じ点は通貨の下落幅が大きいことにある)、当地の腕時計を香港に送り、ドルをだまし取るために選んでいます。現在、香港とシンガポールのバダ・フィレの腕時計の供給量は驚異的な水準に達しています。一方、一番心配なのは中国大陸の経済動向と株式市場のてこの役割です。大口の商品と日用品(腕時計など)が続々と市場の保証金の要求を満たしています。珍珍珍珍珍珍珍の百達翡翠丽とティファニーの現代腕時計が台の前に並べられても、「入札をしたい人がいますか?」上海証券取引所の熊牛は水面に投げ込まれた石のように変化し、その波紋が世界の時計市場に広がっています。

江詩丹トンMalteシリーズは、新しい高級ジュエリーデザインの腕時計を2つ発売しました。

 1912年、その鋭意進取の時代に、Vacher on Continn(江詩丹顿)は時計の殻の一貫している円形のデザインスタイルを徹底的に打ち破り、最初の酒樽型のケースを採用した時計メーカーの一つとなった。時代と共に進化した革新精神を持ち、この外観の魅力的なモデルが発売されると、多くの紳士的なセレブが魅了されます。Malteマルタシリーズのすべての作品はこのシンボル的な外観デザインを採用しています。このシリーズは今回また新しい高級ジュエリーモデルを二種類発売しました。
既存のMalte高級ジュエリーシリーズをより豊かにするために、江詩丹顿は今回全密に長方形のダイヤモンドの時計の鎖を切断するバージョンを出しました。これをもって最高の芸術工芸美学に敬意を表します。全手作業の隠密式モザイク技術によって、ダイヤモンドを非常に輝かせます。
現在、世界でも秘密ダイヤモンドの象眼技術に精通している宝石師は数えるほどしかいません。金の台座は完全にダイヤモンドの下に隠れています。すべてのダイヤモンドは軌道で支えられています。光の場を形成していますが、はめ込みの跡が見えません。美しい光を極限まで放出します。この挑戦を各型(特別な形)の時計に使うことを選択しました。彼らは弧の形をしていますが、依然として角がはっきりしていて、線が整然としています。これはダイヤモンドモザイク技術に対する大きな挑戦です。ダイヤモンドの象眼した難題を攻略するために、デザイナーから宝石師まで、表師から宝石師まで、彼らは緊密に協力しなければならない。
ジュエリーカット技術者はダイヤモンドを単独でカットし、マイクロメータまで精確にして、天衣無縫にダイヤを嵌め込むことができるようにします。絶対的な精度を達成するために、職人たちは一枚の時計に対して100時間以上の作業時間をかけて、このような完璧なダイヤの構図を作ることができます。
金の殻が完全に宝石の下に隠されているため、ダイヤで作られた彫刻品のようです。時計の耳、時計の輪、時計の殻、文字盤、時計の鎖、それとも標識性のマルタの十字の時計の冠であろうと、すべての細い点はすべてきらきらと光り輝いています。

江詩丹トンは、直径33ミリの全パネルドリル女史の腕時計を発売しました。

 Vacherson Contstantinの腕時計作品の中の殿堂級の経典シリーズとして、Traditionnelleシリーズはずっと芸術工芸と密接な関係を持っています。2013年に直径38ミリのモデルを発売した後、今回のブランドは直径33ミリの全パネルドリル女史の名表を再び発売し、数百個の円形カットダイヤモンドをはめ込み、多種の芸術工芸を全面的に展示しました。このきらきらと優雅な雪のダイヤの下に、貴重なジュネーヴの印が刻まれた1400の手動チェーンの芯を搭載しています。
光の変化の美しさを完璧に表現するために、宝石の象眼師は二つの異なったモザイク技術を使いました。光が違う表面に照射されると、違った光の効果が現れます。ドーナツと18 Kのプラチナのケースは196粒のダイヤを密にはめ込んでいますが、文字盤には394粒のダイヤモンドが輝きを放っています。巧みなモザイクは柔らかで自然な輝きを放っています。サイズの違う貴重な宝石を使って、メッキの表層に輝くダイヤモンドのシャツを作ります。
608粒の貴重な宝石は時計の外殻の弧の形にぴったりとくっついています。同時にチェーンの冠にも0.06カラットの円形のカットダイヤモンドがはめ込まれています。ダークブルーのミシシッピーのクロコダイルの皮のバンドは、強力なコントラストの効果を作成します。丸17個のカットダイヤモンドをあしらった18 Kのプラチナウォッチバックルを装備しています。
珠玉の象眼師の驚くべき技術は、時計職人の非凡な工芸とあいまっている。透明なサファイアの水晶の底の蓋を通して、1400の手動の上で鎖のムーブメントがはっきりと見えます。このムーブメントは江詩丹トンが自主的に研究開発し、製造しています。伝統的な高級な表工芸を受け継ぎ、有名なジュネーヴ印の対表モデルの認証基準を満たしています。このムーブメントの振動周波数は4ヘルツ(1時間当たり28,800回の振動)であり、約40時間の動力貯蔵を有する。その装飾とデザインはトップクラスの技術を採用しています。平滑なムーブメントのマザーボードには伝統的なジュネーヴの波紋があるだけでなく、鋭いエッジと平頭のねじはハンドメイドの研磨前にも面取りプロセスで処理されます。

Moto 360 2015版:より綺麗な航続アップが実用的です。

 最初のモデルとして、本当にユーザーの注目を集めているスマートウォッチとして、Moto 360は精巧な金属ボディ、円形の文字盤によって、スマートウォッチも伝統的な腕時計のように綺麗に見えます。スマートウォッチ業界の発展に伴い、優れた製品が増えてきました。
今年、Moto 360 2015版は予定通り来ました。Android Wearプラットフォームを引き続きサポートし、オプションサイズを追加し、カスタマイズして、ハードウェア性能と電池寿命の向上に努めています。それなら、もっと完璧なスマートウォッチになりましたか?利用体験を見に来ました。
一見、Moto 360 2015版は去年のモデルとあまり変わらないようです。例えば、画面の下の方がやや違和感があるような、黒い辺です。もちろん、金属のボディ、円形のデザインはまだ続いています。時計の耳は新しいデザインを採用しています。伝統的な腕時計のように見えます。
Moto 360 2015版の大きな変化は、42 mmと46 mmを含む2つの異なるサイズを提供しており、前者は女性ユーザーにより適している。バンドは20 mmと22 mmと非常に一般的なサイズです。お客様は大量の第三者対応商品を見つけられます。同時、ユーザーは黒、金、銀の三色のアルミニウム合金の枠を選ぶことができて、価格は約20ドルです。残念なことに、Moto 360 2015版の厚さは減少していませんが、軽量化のため、装着感はいいです。

あの名門出身時計師によるブランド「ローラン・フェリエ」が本格上陸

時計師ローラン・フェリエの名を冠したこのブランドは、2010年のジュネーブウォッチグランプリで初出展にて、メンズウォッチ賞を受賞(2015、2018年にも部門賞を受賞)。日本ではまだ流通こそ限られていたが、時計好きにはかなり注目されていた。高級時計らしいシンプルなデザイン、フォルムに独自のムーブメントを搭載した美しい時計を生み出すローラン・フェリエ氏はどんな人物なのか?

ローラン・フェリエ氏は1946年、ジュネーブの生まれ。1968年に時計学校を卒業後、パテック フィリップに入社。途中3年間、レーシングドライバーをやっており、同社を一時退社し、また復帰している。

一般ユーザーでも製造プロセスを見学できます!

全面にガラスを巡らした建物はモダンで開放的である。エントランスを抜けファクトリー内に至ると、壁や床、さらには工作機械まですべてが白と黒、グレーに統一されている。2018年8月27日、シャフハウゼン郊外に竣工したIWCの新工場「IWCマヌファクトゥール・ツェントルム」は、隅々にまで美意識が行き届く。その理由は、一般の見学者を積極的に受け入れることを前提としているからだ。

このプロジェクトを先導したクリストフ・グランジェ・ヘアCEOは、「年間で1万人の見学者を受け入れる予定」だと語る。工房取材すらNGという時計ブランドが少なくない中で、IWCは一般ユーザーに製造工程のほぼすべてを開示するというのだ。

自社ムーブの比率を高めオリジナリティを発揮する

新ファクトリーの1階には、ムーブメントの製造・組み立て部門が集約されている。エントランスからファクトリーに入るとすぐに微細なビスなどを製造する旋盤が並び、続いてプロトタイプ製造部門があり、通路を挟んだ反対側では地板とブリッジを切削加工していた。またパーツの焼き入れ・焼き戻し、さらにメッキも自社で行える設備を持つ。ペルラージュやコート・ド・ジュネーブといった装飾部門も、むろんあり、機械と手作業との併用で優れた美観と量産性とが両立されている。

現在IWCは、キャリバー52系、59系、69系、82系、89系の5つの自社製ムーブメントを持つ。それらのモデルへの搭載比率は、現在47%。これを2020年までに80%までにすることを目標とし、工場はフル稼働している。

「ジラール・ペルゴ」と「ユリス・ナルダン」新作ウォッチ フェアが「アワーグラス銀座店」

 「アワーグラス銀座店」で開催される今回の新作ウォッチ フェア。マニュファクチュールブランドである「ジラール・ペルゴ」からは、ブランドの新しいアイコンとなったコレクション「ロレアート」のフライング トゥールビヨン スケルトンをはじめとする複雑機械式時計が。また1846年創業の「ユリス・ナルダン」は機構における独自性や先進性を追求しつづけながらも、エナメルや細密画技術の伝統を守り続けているマニュファクチュールブランド。新作「フリーク ビジョン」をはじめ、革新的機構のみならずデザイン面でも画期的なラインナップが展示される。

オーストリア皇帝が愛した時計 カール・スッキー&ゾーネが日本上陸

 カール・スッキー&ゾーネは、約200年前の工房を起源とする希少なオーストリアブランド。オーストリア・ハンガリー帝国の皇帝をはじめ、かの有名な心理学者フロイトも顧客だった。2016年に再建され、今年日本上陸を果たした同ブランドの第1作が「ワルツNo.1」だ。左右で描き分けた緻密なギョーシェを施した文字盤に、同様のギョーシェの独特の秒ディスクを備え、内部には薄型自動巻きムーブを搭載。スイスやドイツともひと味違う、シンプルだが徹底して品質にこだわった作風は、目利きの時計好きに刺さるに違いない。

スイスのデザインスタジオとのコラボレーションモデル

国際的なプロダクトデザイン賞のレッド・ドットアワードに、今年は「トゥルーフォスフォ」が選出された。
賞に輝いた本作は、気鋭デザインスタジオとのコラボによる1本。軽さとミニマリズムをテーマに、6つのデザイナーグループの中からスイスの「ビッグ・ゲーム」のデザインが採用された。

枯れる美しさ、枯れない美しさ ── 安藤政信×ジバンシィ、フィレンツェでセルフ・ポートレート

ドレスウォッチのドレスとはいうまでもなく洋装の盛装のことであり、時計と服飾の歴史的関係は密である。腕時計が普及する20世紀前半までの時代、時計はポケットから引っ張り出して見るものだった。鎖が繋がっていることもあり、多少下を向くことになる。それが、腕時計の誕生により一変した。腕そのものを視界の中に持ってきて見る時計の誕生は、時間を知るということを、身体運動のレヴェルで変革した。うつむいて時を確認する年寄り臭い仕草は、肘を張る小粋なポーズに取って代わられたのである。
当然、「ドレス」も変化する。フランス語では懐中時計のことをモントル・ド・グーセという。モントルは時計、グーセは多くの場合「ヴェストの」ポケットのことだ。そして懐中時計がすたれていくことは、ヴェストの存在理由も希薄にする。

ラグジュアリーの意味が、いま、問われている

バーゼルでのアメリカズカップをテーマにしたマリンウォッチの発表後、再会したシャティ氏は「私たちの目指す旅の時計は海の世界だけではありません。そこで今回は陸と空の旅をテーマにした新作を発表しました」と口火を切った。

まずドライブの世界観をイメージしたヴォワイヤージュⅡはタキメーターの機能性を革新的なデザインによって表現した意欲作だ。タキメーターは古くからあったものの、日常ではあまり使われていなかった。この機能をリデザインし、シンプルながらも高性能の同軸クロノグラフを内蔵する。「高い技術を容易に使える点がルイ・ヴィトンらしいと思います」とシャッティ氏。

時計はどうやって選んでいますか? 時計マニアに訊く

サッカー選手ってウェアからソックスまで基本はすべてチームのもので、自分が選べるのはスパイクぐらいなんです。遠征時もスーツだったり、鞄や靴まで決まっていることもあります。それこそ時計だけが唯一自己主張できるもので、それがのめり込んでいった大きな理由ですね。

1992年に初めて買った本格的な時計がアンティークのロレックスでした。1971年型の手巻きデイトナ6263で、約70万円でした。23歳だった僕にはとても高く感じられましたが、5倍にもなったいまの価格は信じられないですね。それだけ名作時計は時間を経て、歴史的な価値が増すのでしょう。同世代として僕も負けていられない(笑)。

老舗の底力、“クラシック回帰”

ここ数年、時計界では機構やデザインのシンプルなモデルが潮流となっている。そして今年はシンプルさにクラシカルな味付けをした時計が大充実した。名作の復刻版やヴィンテージなデザインの新作に魅力的なものが多かったのだ。それらはクラシック回帰をしている今日のファッションにうってつけ。そしてクラシックゆえに時代を超えて長く愛せる「定番」としても最高の選択となる。つまり『GQ』読者の男性にとって、最も「買い」に値する時計なのだ。 

«789101112131415161718192021»
最近の投稿
Tags列表
ブックマーク

Copyright by www.handjewelry2016.top 手首アクセサリ2017 、橋本隆史時計屋、信用販売.