橋本隆史時計屋、信用販売

手首アクセサリ

TAG HeuerAUTAVIAシリーズウォッチテイスティング

 ご存知のように、TAG HeuerAutaviaシリーズの時計は1962年にJackHeuerによって設計されました。回転ベゼルを備えた最初のクロノグラフでした。1960年代と1970年代に最も有名なレーサーが着用しました。 見る。 今年の時計展示会で、TAG Heuerはこのクラシックをもう一度再解釈し、新しいAutaviaシリーズの時計を発売しました。

テイスティングチューダー継承ビワンシリーズステンレススチールウォッチ

 古典的なものは常に人々によって熱心にサポートされてきました。 同じことが人々を感動させる古典的な時計にも当てはまります。いつでも、それらは型にはまらず、世代から世代へと新しい傑作に影響を与え続けています。 2017年。 スイスの高級時計ブランドであるチューダーダイビングウォッチの60周年に合わせて、ブランドはチューダーダイビングウォッチの60周年を記念して、毎年恒例のバーゼルウォッチアンドジュエリーフェアでこのチューダー継承グリーンベイステンレススチールウォッチを追加しました。 絶妙な伝統的な職人技を継承し、継承されたBiwanシリーズにステンレス鋼の形で新しい色を追加します。

ゼニスパイロットスチールヴィンテージウォッチの試飲

 レトロで絶妙な時計は、時計愛好家から常に賞賛されてきました。 それらはその時代の生来のスタイルと魅力に満ちているので、着用者に手首の最も重要な時計の美しさを与え、それは際限なく記憶に残るものです。 スイスの有名な時計ブランド、ゼニスはレトロへの情熱を持っており、ブランドのクラシックなパイロットシリーズに深く根ざしており、強いオーラを与え、大胆さを示しています。 2016年、ゼニスのパイロットであるHERITAGEPILOTCAFÉRACERレトロウォッチは、その優れたパフォーマンスとクラシックなスタイルですべての人から賞賛されました。 2017年、ブランドは再びレトロなパイロットウォッチをデザインソースとして使用し、現在の美的特徴と組み合わせて、待望のバーゼルウォッチアンドジュエリーエキスポでエレガントな色の新しいゼニスパイロットシリーズスチールヴィンテージウォッチを発売しました。 理想的な比率は素晴らしいです。 今日はそのうちの一つ、青い鋼の時計を紹介します。

テイスティングブランパンデイデイトデュアルカレンダーディスプレイウォッチ

 シンプルな外観と豊かな意味合いを備えた時計は、今日の時計愛好家の新しいお気に入りになりました。男性の成熟度と抑制を組み合わせることで、時代のニーズとトレンドによりよく適合し、着用者に上品な態度をもたらします。 2017年、スイスの高級時計ブランドBlancpainは、ムーブメントに関する比類のない独立した研究開発および製造能力を継承しました。これにより、ブランドは自由に格納でき、時計の作成に大きなスペースを確保できます。 ブランパンは強力なスキルを駆使して、バーゼルウォッチアンドジュエリーフェアで新しい「デイデイト」デュアルカレンダーコンプリケーションウォッチを発売し続けています。一見シンプルに見える新しい時計には、実際には宇宙が含まれています。 実用性とエレガンスをひとつにまとめた着用者は、文字盤のすべての情報を一目で簡単に読み取ることができ、とても便利です。

日本最高峰の技術と格式を詰め込み、狙うは世界の頂

 「グランドセイコー ヘリテージコレクション メカニカルハイビート36000 60周年記念限定モデル」と名付けられた本作は、日本の伝統色でブランドカラーでもある紺(グランドセイコーブルー)を文字盤カラーに採用。その12時位置には黄金に輝くGSロゴをあしらい、秒針と6時位置の英字に日の丸を彷彿とさせる赤を配色した。そして紺文字盤上のアプライドインデックスとドルフィン型の時分針は、確かな視認性と存在感を発揮。まさにメモリアルイヤーにふさわしい、秀逸なデザインが完成したのである。

ブライトリングこだわりのリアルな再現力は今回も健在

「Ref.765 AVI」は、ブライトリング内に存在したユイット・アビエーション部門が、1930~1940年代にデザイン・製造したオンボードクロックの影響を受けた1950年代の腕時計クロノグラフである。発表された「AVI REF. 765 1953 リ・エディション」は、その初期にあたる1953年に製造されたモデルを復刻したもので、ブライトリングが航空時計の雄として君臨するきっかけとなった「アビエーター8」にも通じる顔立ちでもある。

ブライトリングクロノマット JSP ローマン インデックス リミテッド

ブライトリング「クロノマット JSP ローマン インデックス リミテッド」Ref.S001B-RPA 99万円/自動巻き(自社製Cal.01)。毎時2万8800振動。約70時間パワーリザーブ。ステンレススチールケース(シースルーバック)&ブレスレット。直径44mm。200m防水。日本限定500本
「カッコいいクロノマットのローマンインデックスがトップ候補。3針モデルに自社キャリバーを搭載したパイロット・ウォッチ・オートマティック・スピットファイアは価格も魅力です。そしてもう一本は2019年にサブブランドから独立したサブマーシブル。今後も含めて、大いに期待しています」 

トレンドのパンダカラーのダイアルをセット

新作「ツェッペリン 100周年記念シリーズ 日本限定クロノグラフ」は、同社のフラッグシップをベースに、特別なデザインを施した限定仕様だ。クロノグラフにおける流行、“パンダ文字盤”を採用し、ガルバニック加工を施したメタリックアイボリー地に、コントラストカラーとなるグレーのインダイアルを横3つ目並びに配置。メカニカルな見た目ながらすっきりとしたファイスに仕上げ、好印象を与えると同時に優れた視認性も確保している。

ダイアル、風防、ケースはなだらかな曲線を描いており、まさに飛行船のボディ形状を表現。ダイアル外周の緻密なタキメーター&テレメータースケールや、ダークブラウンのカーフレザーストラップなど、アンティーク調のデザインも光る。細部のこだわりと“メイド・イン・ジャーマニー”ながら、税込み5万円を切る価格も魅力のひとつと言える。

飛行船ツェッペリン号をモチーフにしたコスパの高いクロノグラフ

飛行機の安全が保障されていなかった時代、飛行船は海を越えて人や物資を運ぶ空の主役を担っていた。1929年には「LZ127(グラーフ・ツェッペリン)」号が、北半球周遊の偉業を達成。以降、ツェッペリン号は飛行船の代名詞となり、航空史における伝説的存在となったのだ。

ドイツウオッチ「ツェッペリン」は、そのような歴史に敬意を表するブランドとして1987年に創業。飛行船をモチーフにした丸みのあるフォルムとクラシックデザインを共通の特徴とし、クォーツから自動巻き、上級モデルとしてクロノグラフなどをラインナップしている。

“ノモスの顔”を内外共に大きく飛躍

ノモス グラスヒュッテ「タンジェント ネオマティック 41 アップデート」Ref.TN161011W2 50万6000円/自動巻き(自社製Cal.DUW 6101)、42時間パワーリザーブ。ステンレススチールケース。ホーウィン社製シェルコードバンストラップ。直径40.5mm(厚さ7.9mm)。5気圧防水
自社製の薄型自動巻きキャリバーを41mm径ケースに搭載し、存在感と使い勝手を高めた新世代のタンジェント。直角を多用したシンプルな意匠は健在だ。文字盤をぐるりと囲むデイト表示は、2つの赤いドットに挟まれた数字が日付となる、遊び心に溢れた仕様。 

パネライルミノール1950シリーズBMG-TECHTMメタリックガラス時計

 新しい素材の導入により、時計の性能が向上し、新しい手首時計がより魅力的になります。 これは、今日の時計の作成におけるハイライトにもなり、新しい時計のデザインは、現代の人々の美学と時計の要件により一致しています。 イタリアの有名な時計ブランド、パネライはまさにこのようなもので、時計製作への無限の熱意とハイエンドの時計製造職人技の並外れた業績を組み合わせて、多くの驚くべき伝説的な傑作を生み出しています。 2017年、ブランドは革新的な素材であるBMG-TECH™(耐衝撃性と耐食性に優れた金属ガラスの一種)を開発し、新しいPanerai Luminor1950シリーズBMG-TECH™金属ガラス時計に注入しました。 に。 この時計は、毎年恒例のSIHH時計展示会で発売されて以来、広く注目されています。 海のような青い文字盤と、より信頼性が高く優れた内部性能の組み合わせは、ブランドの新しい時計の排他的な魅力を示しています。

ロンジンクラシックリイシュー1945ウォッチのテイスティング

「エレガンスは態度」。エレガンスは態度。これがロンジンの基本的価値です。ロンジンは古代の時計ファミリーとして、常に「エレガンス、伝統、パフォーマンス」をブランドの絶え間ない追求と見なしてきました。長年、「エレガンス」 Longinesの代名詞になりました。 2017年、ロンジンは別の努力をして、クラシックレプリカシリーズ1945ウォッチを発売しました。ニッチなスタイルは多くのロンジンウォッチの中で人目を引くものではなく、活発で強力なエンサインシリーズほど人気がありませんが、それだけだと思います。 控えめなシンプルさがとても魅力的です。 ロンギンズのクラシックレプリカシリーズは、最も特徴的な古代スタイルのオリジナルの美しさと優れた技術の完璧な融合であり、それによって歴史への無限の敬意を表しています。この時計は、1945年にブランドによって作成されたキルトです。 ファンからCalatravaと呼ばれる時計は、デザインのインスピレーションの源であり、185年以来の時計製造の伝統に敬意を表することを目的としています。 さらに興味深いのは、2015年に、その基本がSunflowermanの水彩時計のテーマのページにも表示されたことです。 

RolexSky-Dwellerホワイトゴールドとスチールの時計を味わう

ロレックスの最も複雑なシリーズ、スカイドゥエラーがリリースされました。ブランドの最も複雑な動きを備え、ブランドの影響力が強いです。ブランドの伝統を受け継ぐ三角形のピットベゼル装飾など、数多くの優れた特許技術と機能を備えています。 、あらゆる分野の時計愛好家から注目を集め、当時話題となった時計のひとつになりました。 2017年、ロレックスはバーゼルジュエリーアンドウォッチフェアでクラシックな美的特徴を備えた新作をこのシリーズに追加しました。これはロレックススカイドゥエルのプラチナとスチールの時計です。11のブランド特許を集めており、すべて信頼性、精度、人間工学、 防水性能などの基本的なカテゴリーは、ロレックスの卓越した技術を十分に示しています。 以下で一緒に見てみましょう。 

自然の時の移ろいを感じさせるデザインが施された限定モデルが登場

グランドセイコーから、ブランド誕生60周年を記念して、グランドセイコーに搭載された機械式ムーブメントの製造地であり、「雫石高級時計工房」のある岩手県雫石町をテーマにした美しいダイヤルパターンの数量限定モデルが世界限定120本で2020年7月10日(金)より、国内、海外で順次発売されます。

「雫石高級時計工房」は、2004年に岩手県雫石町に設立されたグランドセイコーの機械式時計の製造を担う聖地とも言える場所です。

 機械式時計の心臓部を司るひげぜんまいや歯車など、部品の製造から組立、調整、検査、出荷まで一貫して行うマニュファクチュールです。

«456789101112131415161718»
最近の投稿
Tags列表
ブックマーク

Copyright by www.handjewelry2016.top 手首アクセサリ2017 、橋本隆史時計屋、信用販売.