橋本隆史時計屋、信用販売

手首アクセサリ

歴史的傑作モデルが揃うパイロット時計 最強ウオッチ4選

圧倒的な知名度を誇る実用時計ブランドのロレックスは、パイロットウオッチの進化にも大きく貢献しています。その最たる例は1926年に発明したオイスターケース。金属の塊からくり抜いたこのケースは、ねじ込み式の裏蓋とリューズをセットして完全密閉状態を実現。防水性と耐久性を大幅に向上させたことで、パイロット時計の故障率も大幅に下げたのでした。時を経て2016年、ロレックスはエアキングを発表。オイスターケースを装備する最新パイロットウオッチとして人気を博しています。

 

航空スタイルに一新された
40㎜径のエアキング

細部まで装飾が施されたアールデコ調のスケルトン

1940年代製モデルに着想を得たケースに、アールデコ調のスケルトンダイアルを採用。外周の黒とシルバーの模様は、ブラックラッカーで塗ってから形を仕上げていくという手の込んだ作り。プレートにもさりげなくエングレーブを施すなど、かなり手頃感のある一本です。

 

【SPEC】

ムーブメント:自動巻き(Cal.CYS5084)、毎時2万8800振動、約38時間パワーリザーブ

素材:SSケース(シースルーバック)、レザーストラップ

サイズ:直径40mm、厚さ11.15mm

中国はスウォッチグループの高級品の半分を購入

最近、RBCキャピタルマーケッツは「香港の出来事や貿易戦争などの問題が高級市場にどのように影響するか」に関するレポートを発表しました。 このレポートでは、スウォッチグループの世界的な売上の半分以上(53%)が国内外の中国の顧客の貢献によるものであるという驚異的な数字を発見しました。


  以前、スウォッチグループの2018年の財務報告では、グレーターチャイナの売上高は31億スイスフランに達し、アジア全体の売上高は52億スイスフランであり、世界全体の売上高の85%(85億スイスフラン)を占めていました 。 比較すると、LVMHグループとリシュモングループの高級品のそれぞれ32%と40%が中国に販売されました。

タグ・ホイヤーとマックス・フェルスタッペンが4つ目の協力時計を発表

タグ・ホイヤーとマックス・ベスタパンは、レッドブルF1チームのために立ち上げられたブランドでもある4番目の協力時計であるフォーミュラ1キャリバー16ウォッチマックス・ベスタパン2019特別限定版をリリースします最初の自動時計(前の3つはクォーツ時計でした)。


       新しいモデルは、フォーミュラ1クロノグラフに基づいており、直径44 mmのステンレススチールケースとキャリバー16の自動巻きムーブメントを備えています。ムーブメントは、1時間あたり28,800回(4 Hz)、1/4秒(中央秒針)、30分(12時位置)、12時間(6時位置)で振動します。 )機能し、42時間のパワーリザーブを提供できます。

パネライがブルガリブルーシリーズの最新傑作をリリース

ブルガリとパネライは、ブルガリブルーシリーズの新しいスターを発表します。エキサイティングな象徴的なスポーツ時計の再解釈:パネライルミノールマリーナチタニオ/ DLCウォッチブルガリブルースペシャルエディション(モデル: PAM01021)。発売から12か月以内に、このコレクターの必需品であるスポーツウォッチ愛好家向けのタイムピースは188個に限定されます。 2019年10月24日から、この時計はブヘラのブティックおよびオンラインプラットフォームでのみご利用いただけるようになります。

 2016年のブルガリブルーからのパネライラジオミールウォッチの特別版の共同リリースに続いて、古典的なパネライウォッチの別の再解釈が2つの当事者間の長期的かつ安定したパートナーシップから生まれ、非常に歴史的なものになりました協力がさらに発展しました。

オリジナルのEDOXスタイルをシェアしよう

EDOXは高い耐衝撃性と防水性を備えるスポーツウオッチに定評がある、老舗時計ブランド。過酷なスポーツシーンでも壊れないことから多くのアスリート達の厚い信頼を得ているだけでなく、ファッション性やデザイン性も優れているので男女問わずおしゃれに身に着けられることでも好評を博しています。

今回のコンテストでは、そのファッション性を活かした“あなたのEDOXスタイル”がテーマ。スーツに合わせるも良し、カジュアルなプライベートスタイルでキメてみるも良し、EDOXを使用したお気に入りのコーディネートやスタイリングを投稿してみましょう。

Cal.951.5の美しい動きをシースルーバックで堪能

ダトグラフに近いのは、実はムーブメントも同様(ダトグラフはパワーリザーブやアウトサイズデイトを備えたCal.L951.6を搭載しています)。

Cal.L951.5は、手巻き式であることに加え、視線を遮らない構造を作り上げることで、クロノグラフ機能を制御するコラムホイールや、フライバック機構のレバー、そしてプレシジョン・ジャンピング・ミニッツカウンターを動かすカタツムリ形カムなどの動きが細部まで確認可能。

ムーブメントのアイコンとなっているハンドエングレービング入りテンプ受けと共に、審美性高くデザインされています。

ブラックとシルバーのコントラストに気品が漂う

創業者の生誕年に由来する「1815」シリーズは、19世紀にA.ランゲ&ゾーネが手がけた懐中時計に着想を得て、ブランド再興初期の1995年に開発されました。最大の特徴は、アラビア数字のインデックスと、その周囲を取り囲むレイルウェイモチーフの分目盛りです。

1815クロノグラフは、2004年に初登場。最新世代は、2010年に開発されたCal.L951.5を搭載しています。このムーブメントは、自社製のフリースプラング式ヒゲゼンマイを組み込んだ、毎時1万8000振動のロービート仕様。60時間パワーリザーブを確保している点も魅力です。

銀座で感じる「エコ・ドライブ ワン」の美

2015年にスタートしたシチズンの広告展開。昨年も「エコ・ドライブ ワン」を扱ったデザインでしたが、銀座の街並みに調和しているという高評価を受け、「第10回 東京屋外広告コンクール」の「第2部門 公益社団法人東京屋外広告協会 会長賞」を受賞しています。


そして今年は前モデルからさらにスタイリッシュになった新生「エコ・ドライブ ワン」の広告を展開。「美しさ。だけしか要らない。」というフレーズの下には、わずか2.98mm厚のケースを誇る本機の美しいフォルムが大きく打ち出されています。

東京のテーマは「モーターレーシング&歴史を重ねたデザイン」

タグ・ホイヤーは、1887年の振動ピニオンを筆頭に、様々な時計開発によって技術発展に貢献してきました。そうした歴史的名作は、普段はスイス時計製造の中心地ラ・ショー・ド・フォンにあるタグ・ホイヤー本社ミュージアムに所蔵されており、現地へ赴かなければ見ることができません。

それが、今回のエキシビションでは表参道の直営ブティックで50本以上も一挙に見ることができるわけです。しかも、これだけの展示数は、同時開催されるほかの都市と比べても最大規模とのこと。

スイスへ赴く費用や時間を考えれば、表参道なんて近いもの。時計好きはもちろん、モータースポーツ好き、プロダクトデザイン好きも必見でしょう。

どこを見ても明確に分かる職人の技芸

エナメル焼成とエングレービングを組み合わせた装飾は、A.ランゲ&ゾーネで初の試みだそう。無垢のホワイトゴールドに浮彫り技法で星を描き、深い青色の釉薬を焼き付けることで美しく立体的な造形美を演出しています。

ALS_421_048_P_A6
1815の特徴である算用数字も、エナメル表面と同一面に揃えられています。こうした希少な作り込みも魅力的。

ALS_421_028_B4_A6
 

裏を返せば、ハンター仕様のケースバックが登場。外蓋にはレリーフ技法とトランブラージュ技法が駆使された円の中に、ローマ神話に登場する月の女神“ルーナ”が風に翻るベールをまとい、三日月形の王冠を頭上にいただき、夜を照らすたいまつを持って佇む姿を見ることができます。

スイス現地取材ならではのBASEL SNAP特集を実施!

2018年3月に行われたスイス・バーゼルでの時計見本市は、本誌も毎年取材に訪れる世界最大級のイベント。当然、世界中から大勢の人が訪れるが、そんな時計好きの人々はどんな時計を選んでいるのか突撃取材を決行しました。一般客はもちろん、出展者サイドやプレス関係者にいたるまで、全世界から訪れた時計人の腕元に注目ください。 

サイズ、ダイアル、外装素材、機能それぞれに遂げた進化

巻頭では、4つのジャンルにわけ「新世紀の時計」が持つ個性を解説しています。たとえば、ここ10年続いていた時計ケースサイズの大型化は、完全にブームが終焉し、成熟した1つのジャンルへと昇華。“デカ厚”の旗手であったパネライまでもが、38mm径サイズのルミノール デュエを発表し時計の「サイズ」はまさに新世紀へと変化の兆しを見せています。ダイアルデザイン、外装素材、機能においても、代表的なモデルを挙げて解説していきます。 

BASELWORLD & SIHH2018注目すべき新作がすべてわかる!

 

SIHHとバーゼルワールドを総括し、2018年の新作時計も網羅したWATCHNAVI 夏号(特別定価:本体815円+税)が発売中です!

目印は2冊の特別付録! 1冊目は、114ブランド・580本の時計を収録し時計雑誌No.1のボリュームで新作を一覧できる「新作時カタログ」(全64ページ)。2冊目は、タグ・ホイヤーの新作と、CEOのジャン-クロード・ビバー氏インタビューなども収めた「TAG HEUER完全マスターBOOK 2018」(全15ページ)。今年の新作から自分のお気に入りを探す良い相棒となってくれること請け合いですよ。

«34567891011121314151617»
最近の投稿
Tags列表
ブックマーク

Copyright by www.handjewelry2016.top 手首アクセサリ2017 、橋本隆史時計屋、信用販売.