橋本隆史時計屋、信用販売

手首アクセサリ

真っ白な誘惑宝プラチナ新型「五十噚」潜水表

1953年、Blancpain宝プラチナ表の「五十噚」潜水表(Fifty Fathoms)を世界で初めて現代だけ潜水表の輝かしい歴史になって、十分に伝わる、不朽の栄光の手本。2008年、Blancpain宝プラチナの「五十噚」潜水表を新しいの優雅な姿の人を示す。今年、宝プラチナ表をこめて革新して、発表1項の新しい」50噚潜水表」とはまったく異なる為一色のクールの黒スタイル、新型Blancpain宝プラチナ「五十噚」潜水表純粋なきれいな「白」を表出宝プラチナ表は自慢のスポーツ精神とは海洋無比積極的な態度は、再び「伝統」と「革新」の二大要素の完璧な結合。

BALLボル発表新しい潜水クロノメーター

BALLボルEngineerマスターII Diver Chronograph好き潜水者が提供するのが最も安全な方法を計算して簡単に、潜水時間。内蔵を振るう回転クロノ圏は「に」時位置の螺旋式表冠操作を確保するため、ダイビングの過程の中では意外にシフト。好きな人について深く、彼らが必要とされていない環境で光の影響ではっきりロード時間、BALLボル表の自己発光マイクロガス燈は最善の解決方法を提供し、いらない外来光源に照らされ、自己発光マイクロガス燈が25年より伝統的な光を夜ひゃく倍光線、BALLボル表EngineerマスターII Diver Chronographを内蔵して回転クロノ圏、表面及び指針にちりばめた合計58番手の自己発光マイクロガス燈。

簡潔な美を指標した3針モデルとクロノグラフ

余りに濃密な仕上がりを見、資料に目を通していると、超高級時計の粘着性に息が詰まりそうになってくるので、このあたりで箸休めを取ろう。昨年の「オデッサ」に続く愛すべき佳品が「オデッサ クロノグラフ」である。直径40㎜のけれん味のないデイト表示付き自動巻きクロノグラフ。インダイアルのデザインを変え(12時位置の30分積算計とインデックスの増し加わりは最高だ!)、スリーローの頑強なブレスレットをまとわせたその作風は端正そのものである。個人的には、少し散財をしてでもステンレススティールと18K SAKURA GOLD(同社独自の配合によるオリジナルのゴールド素材)のコンビモデルを手に入れたい。ステップ付きのベゼルには、無論のこと18K SAKURA GOLDが好適だから。

ジャパン プレミア ハイジュエラーの意気地 TASAKIの壮大なる試み〝オデッサ〟シリーズをめぐって

 それは2015年のことである。日本のプレミアム・ハイジュエラーをより高い次元で目指さんとしたTASAKIは、高級腕時計のコレクションでその指針を内外に示すこととなった。「TASAKI タイムピーシーズ」と銘打たれたコレクションを発表したのである。ハイエンドモデルである「オデッサ トゥールビヨン」は、我が国における独立時計師の雄、浅岡肇氏がムーブメントの製作を手掛け、TASAKIエクスクルーシブの手巻きトゥールビヨンとして国際的な評価を受けた。一方で、シャープなインデックスを基点とした文字盤のシンプルな意匠に個性が光る3針のモデル「オデッサ」を脇に据えて、広く一般的な訴求を得ることに成功もした。

ショパール ブティック銀座本店 再始動

独立系メゾンの雄、ショパール。日本ではハッピーダイヤモンドのイメージが強いが、ヨーロッパでの格は非常に高い。それを反映するかのように、各ブティックには重々しい内装が与えられていた。確かにそれは格式に見合っていたが、入りづらかったことは否めない。対してショパールは、ブティックに新しいコンセプトを与えるようになった。〝邸宅に招く〟というスタンスに変わりはないが、アクセスのしやすさも考慮するようになったのである。


 リオープンされた銀座のブティックも、基本的には新しいコンセプトに依っている。加えて細かいゾーニングによって、それぞれのコレクションの世界観をより強く打ち出すようになった。

アリゲーター製インレイ付きのラバーストラップは作りが精巧

SLSでも、セラミックスよりもメタルパーツが目立つ。オプション装備で提供されているゴールドブレーキキャリパー付きのカーボンセラミックブレーキは、インヂュニア AMGのセラミックス製ケースをデザインする際、間違いなくインスピレーションの源となったはずだが、今回試乗させてもらったSLSには装備されていなかった。AMGとの関連性はさておき、IWCにおいてセラミックスは伝統的に使われてきた素材である。1986年には、ダ・ヴィンチ・コレクションで世界に先駆けてケースにハイテク・セラミックスの酸化ジルコニウムを使用した。そして、1994年からはパイロットウォッチのラインでもセラミックスが採用されるようになった。

インヂュニア・オートマティック “AMG ブラックシリーズ・セラミック”も

いよいよ、SLSで出発する時間がやってきた。幌を全開にし、スターターボタンを押すと、V型8気筒のファンファーレがリアマフラーから唸りを上げて鳴り響く。何とも言えない快感だ。このエキゾーストノートの前では、インヂュニアが時を刻む明快な音はかき消され、バング&オルフセン社製のハイエンド・サラウンド・サウンド・システムによる1000ワットの音でさえ、脇役的な存在となってしまう。それでも、我々はためらわずにスターターボタンを押す。低速走行時でも外気温が30℃を超えても、オープンカーの車内を快適な温度に保ってくれるエアコンも同時にスイッチを入れる。

IWC/インヂュニア・オートマティック “AMG ブラックシリーズ・セラミック”

ある晴天の夏の日、クールなIWCのインヂュニアを身に着け、最高スピード320㎞/hのカブリオレに乗る。アッファルターバッハのAMGから最新作の試乗を許された我々に課せられたミッションは、2750万円もするSLS AMG GT ロードスターを無傷で返却することである。何はさておき、午前中はこのスーパースポーツカーとともに時計の撮影をして過ごす。ディテールを存分に観察する時間である。


温かい色調を持つインヂュニアのメタリック・ブラウンの文字盤は、マットブラックのセラミックス製ケースと、黒く輝くセラミックス製ベゼルとのコントラストが極めて美しい。艶の美しいベゼルをケースに固定する5本のビスは、ネジ頭が特殊な形状に成形加工されており、時計により一層、テクニカルな印象を与えるのに貢献している。今回試乗したSLS AMG GTは、インテリアだけでなく、フロントグリルフィンやフェンダーフィン、ボンネットフィン、また、ドアミラーにも、ピアノのような輝きを持つグロッシー仕上げが施されていることから、新型インヂュニアの光沢のあるベゼルとの相性が良い。また、SLSのマットなボディーカラー「designoマグノアラナイトグレー」も、インヂュニアのマットブラックのセラミックス製ケースとよく調和している。

オメガ 前人未到となる16万ガウスの磁場実験に成功

オメガは同社の試作機が昨年、16万ガウスもの磁場の中で行われた精度実験に成功したことを発表した。


 オメガといえば、これまでも耐磁時計の開発に力を入れてきたことで有名だ。特に近年では2008年のシリコン製ヒゲゼンマイの開発を皮切りに、2013年には1万5000ガウスの耐磁性能を備えた「シーマスター アクアテラ 15,000ガウス」を発表した。以来、1万5000ガウスという数字が、同社が販売する製品の中で保証される最大の耐磁性能であるが、同2013年には試作機を8万ガウスの磁気にさらす動作実験も行っており、こちらも成功している。

ウブロアンバサダーのウサイン・ボルトが京都に登場

子供5人の合計秒数は”14秒8”で、おしくもボルトの記録を破ることはできなかったが、ウブロは、頑張った子供たちを称え、合計寄付金額を50万円をプラスした200万円を寄付することになった。この寄付は、衹園町南側地区協議会が、歴史的な景観を維持するため、そして日本の伝統文化を次世代へと受け継ぐために使われる予定である。



ウサイン・ボルトは、伝説的な記録を保持するアスリートとして、多くの人々に感動を与えてきた。8個のオリンピックメダルと11個の世界陸上のタイトルを持つウサイン・ボルトは、オリンピックで3連覇を果たした唯一のアスリートであり、 さらにいえば、1回の大会で3冠を達成した唯一無二の人物である。彼は100メートル、200メートル、そして4×100mリレーで世界記録を保有している。

ロマン・ジェローム、日本限定25本のタイタニックベゼルバージョン

ロマン・ジェロームの最新作「スチームパンク 46 タイタニック ジャパン エディション」。近代文明の曙となった20世紀初頭の産業革命時、人類最大の発明と言われ、その後、SFサブジャンルのスタイルとして発展した蒸気機関/スチームパンクの世界観を見事に表現し、ロマン・ジェロームを代表するコレクションとなったスチームパンク コレクション。このスチームパンク コレクションに、46mmケースでは初となるタイタニックベゼルをあしらったモデルが25本のみの日本限定作品として登場した。

イタリア海軍の血を引く、オフィチーネ・パネライ2012表項

「2012年の新しいモデルの鑑賞オフィチーネ・パネライ時計展」が表ファンの期待を、2012年じゅういち月はち日からじゅういち月じゅうさん日、台北101のショッピングセンターよんしよ階が広場で盛大に展開。展覧会は「復刻経典」、「完璧タブ工芸」、「多元材質の革新的なアイデア」の三大テーマは、完全に世間の人に伝えるオフィチーネ・パネライ卓越したタブ工芸と歴史が伝承する。

この展覧会はLuminorオフィチーネ・パネライ時計ケースをデザインコンセプトを示し、その上部は、代表的なシンプルLuminor文字盤、時のアニメーションにより現れSuper-LumiNova独特の夜光効果。来場者はすぐに入るように身を于富有オフィチーネ・パネライ歴史伝承の色や独特なデザインの世界に従って、回りのスプールはホール分けの三大コーナー展示ホール、表の組み合わせで独特な夜光効果を訴えていることは、ブランドの長い歴史と製品の独特性の鮮やかな特徴。オフィチーネ・パネライは悠久伝統と完璧な技術、持続時間を探索し、挑戦工芸極緻をいつでも、時間を把握するのマスター、未来創造を乗り越えながら、時間と空間の経典之作。

新しいオフィチーネ・パネライ47 mmさん日動力貯蔵耐磁腕時計

オフィチーネ・パネライ信じ機能はアイデアの基礎、Luminor Submersible 1950 AmagneticさんであるAutomatic Titanioさん日動力貯蔵耐磁自動チタン腕時計のケースを採用して独特な構造、全面的な保護腕時計から磁場妨害:は文字盤の内層ケース使用最も高純度の軟鉄特別資材、全面コーティングと隔離ムーブメントを形成Faraday cage、磁界波反射へ、令腕時計耐磁能力ガンダムよんじゅう、000 A / m(アンペア/平方メートル)、よりスイス時計業国際標準(NIHS 90-10)8倍高い。

オフィチーネ・パネライLuminor Daylightはち日長動力PAM00786腕時計

オフィチーネ・パネライ時計のジュネーヴ高級時計展期間限定500セットが登場したのLuminorはち日動力貯蔵表、このセットは表意にオフィチーネ・パネライの歴史を含む1枚を表にブラックSeal Left-Handedはちdays時計や一枚Luminor Daylight腕時計。次に私達は起きて鑑賞中の白盘Luminor Daylight、公式型番:PAM00786。

腕時計の設計の霊感は「私pre-Vendô時期」が表の、いわゆる「pre-Vendô私時期」というブランド初の民間市場に対して1993年発売からブランド腕時計シリーズの作品は、1997年に獲リシュモングループ傘下のヴァン敦買収の時期。この数年間、オフィチーネ・パネライ時計を生産の数は多くないが、迅速に市場に殺到する収集家の宝。これらの臻品でアメリカスタースタローン1996年委託オフィチーネ・パネライ特製の腕時計シリーズ最も人にのぼる。このセットで新しいLuminorはち日動力貯蔵表はベスト当時オフィチーネ・パネライをスタローン特製の2項のオリジナル腕時計—LuminorブラックSeal腕時計やLuminor Daylight腕時計。

«202122232425262728293031323334»
最近の投稿
Tags列表
ブックマーク

Copyright by www.handjewelry2016.top 手首アクセサリ2017 、橋本隆史時計屋、信用販売.