橋本隆史時計屋、信用販売

手首アクセサリ

満月の時、ダイヤモンドを出しArceau舞エルメスPetite Lune月相镶钻腕時計

エルメスデザイナーでOrignyアンリ・d」であぶみリングを描き出してArceauインスピレーション時計シリーズの基礎の上で、2015年に、エルメスの新しい発売Arceau Petite Lune月相镶钻腕時計。

満月の時、ダイヤモンドを出しArceau Pe舞エルメス

ステンレス製のケース直径38ミリ、60粒のダイヤモンド、防水深さ30メートル。白い天然真珠バイモ文字盤に:月相損益表示はじゅう時とじゅういち時の間、背景を際立たせ靑をめっきロジウム装飾;真珠バイモ日付表示盤はろく時の上、アラビア数字造型の古典的なデザインに続いて、時計緩傾く。

柏莱士2015「Only Watch」BR01 Skull Bronze Tourbillon腕時計

歴史上、最も恐ろしいの戦士は展示ドクロマークを標榜する自分の勇猛させる敵臆病を悪運。今日、この絵は軍事装備に登場する、例えば制服、紋章と飛行機。著名な「ドクロ旗」は、お守りや抵抗にも使われる装飾要素だ。BR01 Skull Bronzeこの精神に忠実で、大胆な展示ベゼルとネジの構成のドクロとクロス骨、かつての海賊旗が重なる。また、文字盤に浮き彫りに蜂の巢が針で示した軍事分野のもう一つの伝統的なデザイン:軍刀とナイフ。

46ミリ四角形の復古靑銅のケースは、手彫り純金ドクロ、4つの復雑な装置の手動巻きムーブメント(陀フライホイール、調節器、精度インジケーターと動力のストレージ)として古いブラウンワニ皮ストラップ:このBR01 Skull Bronze Tourbillon結合した独特なムーブメントの精密機械、復古ケースの永遠の美とドクロマークの挑発と象徴意味。

ロンジン発売経典復刻シリーズポスト輪単ボタン速度クロノメーター

スイス有名な時計メーカーロンジン再びその歴史悠久のタブの伝統に霊感を汲み取って、発売ロンジン経典復刻シリーズポスト輪単ボタン速度クロノメーター(Longines Column-Wheel Single Push-Piece Chronograph)。シンプルなスタイルの表を搭載しロンジン独占ポスト輪単ボタンムーブメントを搭載し、そして同時に速度計目盛。

ロンジンの経典で復刻シリーズの中で、多くのデザインの設計の源にロンジン博物館に収蔵の経典の時計の傑作。今、このウィング砂時計をマークのスイス有名な時計メーカーが発売された1項再び原産にじゅう世紀前半のクロノメーター。このロンジンクラシックリバイバルシリーズポスト輪単ボタンを受け势将タキクロノメーター復古の時計ファンの情熱を支持する。

ランゲ&ゾーネ ランゲマティック パーペチュアルカレンダー 820.026E レビュー イガデイン!

時計怪獣 WATCH MONSTER イガデイン!ランゲ&ゾーネ ランゲマティック パーペチュアルカレンダー 820.026E レビュー - YouTube

時計怪獣 WATCHMONSTER ウォッチモンスター管理人イガデイン(34)が腕時計のレビューをするよ! ただ、イガデインは腕時計の素人だ!ちゃんとレビューできるかな? 第12弾は「ランゲ&ゾーネ ランゲマティック パーペシュアルカレンダー」。YOUTUBERを目指せ!婚活中のイガデイン頑張るんだ。

via www.youtube.com

ロレックスに始まりロレックスに終わる?ZENMAI時計遍歴 18年の軌跡

私ZENMAIが初めて機械式の腕時計を買おうと思ったのは大学生の時です。


友人が海外旅行でタグホイヤーの時計を買ってきたのがキッカケでした。


それまで東京生まれヒップホップ育ちのZENMAIは

高校生の時は都内付属高校の地域柄、渋谷 下北沢 高円寺などにショッピングに行くことが多く

当時流行っていたG-SHOCKや、カラフルなスウォッチを着けていました。

大学生になりG-SHOCKから、アニエスベーのクォーツクロノグラフにランクアップ?

ジャケ・ドロー グランセコンド ホワイトゴールド レビュー イガデイン!

さぁ、始まります第13弾の時計レビュー。
イガデインの得意な小芝居やラップを封印して挑むレビューはジャケドローのグランセコンド。
Ref. J003034207は43mmのラージフェイス。
シンプルですが存在感があります。

イガデインは初めて見たにもかかわらず、ちゃんどブランド名が読めていました。
流石です。

では、純粋にレビューをする久々のイガデインをご覧ください!

あっ、ボツになった「とんぼ」レビューもオマケに貼っておきますね!

私の時計の秘蔵っ子。ジャガールクルト マスターコントロールレビュー

ルクルトといえば1883年に創業以来、ムーブメントを他の多くのブランドに供給し、レベルソで一躍有名になったブランドです。


「技術メーカー」「マニュファクチュール」のイメージが強いブランドなのではないでしょうか。


ただ、有名になったと言っても「ロレックス」や「オメガ」と比べてしまうと一般的知名度は正直ほぼゼロと言っても過言はないです。


今までマスターコントロールをつけていて、わかって頂けたのはアウトレットのセイコーストアでガランテをつけていたお兄さんだけ…。

ブルガリを着けた ようぐがかり (次男の保育園のうんどうかい編) エルゴン EG35

運動会のプログラム。

何で、運動会で宇宙なのかは全く謎ですが

毎回テーマがある様です


台風も、心配されましたが

まんまと(笑)晴天に恵まれました


かれこれ、7回目の参加になります

後、3回は参加せねばなりません

遠いなぁ〜 σ(^_^;)

場所取り

 (58791)

料理が趣味な僕は、いっその事お弁当作りの方が良いのですが

ヴァシュロンの新型オーヴァーシーズを手に取って見ました!~腕時計レビュー

撮影した写真でもいいのですが、やはり恰好がつかないので引用します。

今回見たのはブルー文字盤の3針タイプです。


どうでもいいですが、個人的には「オーバーシーズ」だったのですが、

公式HPには「オーヴァーシーズ」と記載あったのでこっちで書いていこうと思います。


これですね。このきれーなブルーは印象的でしたね。

ただ、本当にまず思ったのは、


丸くなったね・・・。

「これください!」アーリー時計を買う~アクアノートを買いました編~

ふと時計が欲しくなったのが2か月くらい前。


おそらく愛用のタンブールにようやく飽きがきてたんでしょう、きっと。人は飽きる生き物。


その時はトケマー覗いてみたり、始めたメルカリで時計をダラダラ見ていたりと、本気で時計探しをする気もなく、ただの『時計欲しいわー』ぐらいだったんです。


その後、少し経ってからバーゼルが始まって、ワイワイガヤガヤした記事なんかを読んで、ようやく『時計を買いましょう』の気持ちが高まりまして(要は影響されただけ?笑)。

セイコープレザージュ・SARX015をレビュー【もう一つのサムライ?】

セイコー・メカニカルのサブブランド「プレザージュ」から発売されていたモデル。

定価は60,000円で、ビック・ヨドバシなど量販店では43,000円くらいで販売されていました。残念ながら現在(2017年4月)は販売終了してしまったようで、店舗によってはまだ在庫が残ったりしているものの、既に店頭から消えている所もあるようです。

曲線を主体としたスタンダードなデザインが多い印象のプレザージュ系統としては珍しく角ばったシャープなフォルムが特徴的。スポーティーな雰囲気を出しつつもそこまで目立ち過ぎず、全体的にうまくまとまっているように思えます。

【輝くシルバー】セイコー5・SNKF47をレビュー おすすめ!

スペック

ムーブメント:7s26

ケース直径:37mm

ステンレス板巻きベルト(ラグ幅20mm)

ハードレックスガラス

50m防水

サンレイ加工が施されたキレイなシルバー文字盤がまぶしい、セイコー5レギュラーモデル。ケース横幅37mmとやや小ぶりで、少し細身なドーフィン針がよく似合います。

特にシルバー文字盤はケース本体のステンレスと色合いが近く非常にクール。決して高価な腕時計ではありませんが、存在感はバツグンです。

タイガー豪雅は新しいAquaracer競潜300メートルセラミックベゼル項

タグHeuerタイガー豪雅はずっと加え海洋運動愛顧。早く1892年時計界の先駆け指導者Edouard Heuer(エドワードや豪雅)さんはすでに取得に成功してタブ史上第一項のケースは防水特許と、大成功。2003年、タグHeuerタイガー豪雅は初めて発売しAquaracer競潜シリーズの腕時計、その後、Aquaracer競潜シリーズの腕時計は絶えず発展して、ますます優れ、に対応できる潜水や航海を含むを含む様々な極端条件の完璧な時計。

このシリーズは腕時計が優越性能、同時に外観の上でもっと強調運動魅力さを覚える――300メートル防水ケース、グリップ力の強いろく飾セラミック単回転ベゼル補佐じゅうに稜面、ねじ込み式表冠、視認度の高い夜光マーク、刻んで潜水ヘルメット柄の螺旋式の後は。

タイガー豪雅は新しい卡莱ラHEUER-01クロノメーター

昨年初めてバーゼル国際時計宝飾展に登場するのCarrera卡莱ラHEUER-01はタグHeuerタイガー豪雅は非常に象徴的なクロノメーターを採用し、新しいケース、新しい構造、新しいデザインと新しいムーブメント。2015年、この項腕時計運用斬新なデザインで、搭載Calibre 1887をモデルにして作った新しいHeuer-01自給ムーブメントを採用し、じゅうにモジュール化の構造形式、さまざまな素材、色、処理技術と塗装の組み合わせを無限の可能性になり、HEUER-01新シリーズのこれによって登場の礎石。

«181920212223242526272829303132»
最近の投稿
Tags列表
ブックマーク

Copyright by www.handjewelry2016.top 手首アクセサリ2017 、橋本隆史時計屋、信用販売.