« 上一篇下一篇 »

プラネットオーシャン単独でのMRI実験

スーパーコピー時計専門店、レプリカ時計の全商品10%OFF、どうぞ弊店へようこそ!

ローダー医師は率直に自身がこの実験を楽しんでいること、そして今回の実験とオメガが行っているテストの違いを説明してくれた。オメガは、一定の磁場と安定した環境下でのテストの結果、1万5000ガウス以上の磁場への耐性を保証している。対照的に、MRIが作り出すのは常に変化する磁場である。回転し、うねり、高周波が1000分の1秒単位で画像を投影していくのだ。そのため、一定の磁力を発する磁石よりも、より高い負荷が時計に掛かることになる。ローダー医師はこれを「超高速要因を伴う超高速投影時間」と呼んだ。

 そしてどのような意味であろうと、テストの結果は文字通り、高パフォーマンスと呼べるものであった。「時計、そしてムーブメントにはなんの影響もなかった」とローダー医師は告げた。

 編集部に戻ったプラネットオーシャンは、歩度測定器にかけられ5つの姿勢差でチェックされた。結果は、数カ月かかったMRI内でのテスト前に比べ、振り角が少し落ちただけという、素晴らしいものであった。かつても編集部では7万ガウス以上の磁場で、オメガのマスター クロノメーター認定機を短時間観察したことがあるが、今回の長期にわたるテストによって、プラネットオーシャンは常に変化する磁場による負荷にも耐えられることを証明したのである。