« 上一篇下一篇 »

コンパクトボディにトリプルセンサー&マルチバンド6電波ソーラーを搭載

装着性の良さ、時刻を含めた各種データの読み取りやすさ、そして操作性に優れるコンパクトなプロトレックとして開発された「クライマーライン PRW-30」は、カシオが持つ高度なテクノロジーによって生み出された2つの独自機能を備えている。しかも税込み4万円台に収めているのも特徴だ。

カシオ独自技術のひとつが、「トリプルセンサー」。方位、高度・気圧、温度を計測する機能で、しかもそれらの表示をケース右側に配置されたボタンをワンプッシュするだけで起動できる。トレッキングなどの野外活動中は、方角や高度をチェックしたり天気の予想に役立てたりと、何かと環境の確認が必要となる。そのようなシーンでトリプルセンサーはユーザーの心強い味方となってくれる。