« 上一篇下一篇 »

小振りな正統派デザインが主流

1980年代後半は機械の工作精度が高まり、高品質な時計が増えた時期。デザインは奇をてらわない正統派が主流となっており、現行より一回り小さい34~38㎜径が多く見受けられます。現在は小振りモデルが盛り上がっていることもあり、R20世代の腕時計はここにきて再び注目を集める存在になっています。

 

アポロ13号を象徴するペガサスエンブレムを刻印

auntique42
1995年製
オメガ スピードマスター
アポロ13号 25周年
参考相場64万8000円

1970年に月へ向かう途中で事故を起こしたアポロ13号。その危機的状況を救ったスピードマスターに敬意を表して製造した世界限定999本モデル。9時位置のスモセコにミッションエンブレムのペガサスが刻印されています。