« 上一篇下一篇 »

Cal.951.5の美しい動きをシースルーバックで堪能

ダトグラフに近いのは、実はムーブメントも同様(ダトグラフはパワーリザーブやアウトサイズデイトを備えたCal.L951.6を搭載しています)。

Cal.L951.5は、手巻き式であることに加え、視線を遮らない構造を作り上げることで、クロノグラフ機能を制御するコラムホイールや、フライバック機構のレバー、そしてプレシジョン・ジャンピング・ミニッツカウンターを動かすカタツムリ形カムなどの動きが細部まで確認可能。

ムーブメントのアイコンとなっているハンドエングレービング入りテンプ受けと共に、審美性高くデザインされています。

テンプ受けには、微調整可能なビートエラー補正装置をセット。スワンネック形バネで保持されており、ここでも細かな仕事ぶりが堪能できます。

ホワイトゴールド製ケースは直径39.5mm、厚さは11mm。ストラップは、ダイアルカラーに合わせた手縫いのブラックアリゲーターとなっています。