« 上一篇下一篇 »

ボーム&メルシエのクラシマからメンズ新モデルが登場

ボーム&メルシエでもとくにピュアなラウンドモデルとして人気が高いクラシマに、ウオッチデザイナーの間で評価の高い色調である“ディープブルー”を使ったのが、ニュークラシマの共通ディテールです。さらに麦粒をイメージさせる「グランドルジュ」と呼ばれる装飾を施し、明るく繊細に仕上げているのも特徴です。
また、共通サイズである42㎜ケースに収まる自動巻きムーブメントは、裏のサファイアクリスタル製ケースバックを通して眺めることができ、回転ローターにコート・ド・ジュネーブ(ジュネーブの湖の岸辺に打ち寄せるさざ波がモチーフの模様)とコリマソナージュ(螺旋模様)の装飾、そして同社のシンボルマークであるΦ(ファイ/ギリシャ文字で均衡を意味する)を刻印しています。
クロノグラフ コンプリートカレンダー、デュアルタイム、そしてスモールセコンドの3モデルは、まさに日々の生活に贅沢をもたらす“スモールコンプリケーション”といえます。これらは高級感漂うブラックアリゲーターストラップ、もしくはケースと同じステンレススチール製のブレスレットの選択が可能です。