« 上一篇下一篇 »

航海精神と表芸術の衝突品鑑アテネ航海シリーズ大明火エナメル陀飛輪腕時計

 航海はアテネ時計の1846年の創立以来、ずっと不変のテーマで、初期航海の時計の発展、航海の事業が絶えず前進することを推進しました。その独特な運行方式によって、機械表製造工程の中の極めて高いレベルを表しています。アテネ表航海シリーズの大明火エナメル陀飛輪腕時計は、アテネの個性を際立たせる最も重要な三本の柱である自制のムーブメント、前衛の科学技術及び絶美芸術を結合し、腕時計の動感芸術美を最高峰に到達させることができます。これもアテネの時計の中の驚きの一つです。