« 上一篇下一篇 »

古代工芸の輝かしい演繹は、アイビロイヤルオークシリーズの双輪の透かし彫りの腕時計です。

 この腕時計の大きなポイントの一つは、輝く輝くような輝きです。このきらびやかな効果はフィレンツェの技術を採用したものです。フィレンツェの工芸は古代の地団駄で、このような工芸は先端にダイヤモンドのある道具を使ってプラチナを撃って、表面に極めて微細な凹みを生じさせて、ダイヤモンドのようなきらきらと輝く効果を見せます。この腕時計はどのように見てもダイヤモンドをはめ込む効果がありますが、実は彼が数ヶ月にわたる実験を行いました。腕時計の霜と金の表面が光の下でよりきらきらと輝いています。表轮と表バンドの外侧は糸を引き延ばしてと研磨の技术の処理を采用して、ちょうど良い具合にクリームの金の粒子の质感と金属のきめ细かい光沢を解け合って、异なっている観测を持ってきます。
透かし細工はずっと彼を愛する専門の一つです。金属部品を損傷しない場合、透かし細工で部品を切断し、軽妙な視覚美感を作り出し、クリアで奥行きのある多重変化を実現します。今回の腕時計はカリブブリエ3132製のムーブメントを搭載しています。透かしたデザインはさらに内部の機械装置を一望できます。特許を搭載したダブルサイクリング装置は、2組のサイクリングとフィラメントを同じ軸に固定し、同じ周波数で揺動し、調和のとれた美しさを示しています。