« 上一篇下一篇 »

江詩丹トンMalteシリーズは、新しい高級ジュエリーデザインの腕時計を2つ発売しました。

 1912年、その鋭意進取の時代に、Vacher on Continn(江詩丹顿)は時計の殻の一貫している円形のデザインスタイルを徹底的に打ち破り、最初の酒樽型のケースを採用した時計メーカーの一つとなった。時代と共に進化した革新精神を持ち、この外観の魅力的なモデルが発売されると、多くの紳士的なセレブが魅了されます。Malteマルタシリーズのすべての作品はこのシンボル的な外観デザインを採用しています。このシリーズは今回また新しい高級ジュエリーモデルを二種類発売しました。
既存のMalte高級ジュエリーシリーズをより豊かにするために、江詩丹顿は今回全密に長方形のダイヤモンドの時計の鎖を切断するバージョンを出しました。これをもって最高の芸術工芸美学に敬意を表します。全手作業の隠密式モザイク技術によって、ダイヤモンドを非常に輝かせます。
現在、世界でも秘密ダイヤモンドの象眼技術に精通している宝石師は数えるほどしかいません。金の台座は完全にダイヤモンドの下に隠れています。すべてのダイヤモンドは軌道で支えられています。光の場を形成していますが、はめ込みの跡が見えません。美しい光を極限まで放出します。この挑戦を各型(特別な形)の時計に使うことを選択しました。彼らは弧の形をしていますが、依然として角がはっきりしていて、線が整然としています。これはダイヤモンドモザイク技術に対する大きな挑戦です。ダイヤモンドの象眼した難題を攻略するために、デザイナーから宝石師まで、表師から宝石師まで、彼らは緊密に協力しなければならない。
ジュエリーカット技術者はダイヤモンドを単独でカットし、マイクロメータまで精確にして、天衣無縫にダイヤを嵌め込むことができるようにします。絶対的な精度を達成するために、職人たちは一枚の時計に対して100時間以上の作業時間をかけて、このような完璧なダイヤの構図を作ることができます。
金の殻が完全に宝石の下に隠されているため、ダイヤで作られた彫刻品のようです。時計の耳、時計の輪、時計の殻、文字盤、時計の鎖、それとも標識性のマルタの十字の時計の冠であろうと、すべての細い点はすべてきらきらと光り輝いています。