« 上一篇下一篇 »

「破壊不可能」といっても過言ではないリシャール・ミルの新作

「腕時計オーデマピゲコピー」というと、超複雑機構がいくつも載った機械式腕時計から、スマートウォッチやカジュアルウォッチにいたるまで、様々な形状を思い浮かべるのではないだろうか?その中で、あえて、強引かもしれないが共通点をあげるとしたら、ひとつには、「壊れやすい」という要素、というか、イメージではないだろうか。

 実際に、全てがゼンマイで動く機械式腕時計でも、電池で動くクオーツでも、オーバーホールや定期的なメンテナンスが欠かせない。メンテナンスにだす理由やタイミングは様々だが、それだけ直径わずか数センチの中には信じられないほど精緻で繊細なパーツで構成されていることを鑑みればそれも道理であろう。