« 上一篇下一篇 »

H. モーザーの歴史の中でも重要な技術的マイルストーンとなった

この時計の開発は、H. モーザーの歴史の中でも重要な技術的マイルストーンとなった。エンデバー・フライングアワーズに搭載された C806 ウブロコピー自動キャリバーは、H. モーザーの HMC 200 キャリバーに基づいて、グループ会社であるオートランス と H. モーザーにより共同で開発および製作されたものだ。

 約3日間のパワーリザーブを備えた C806 ムーブメントは、ソリッド レッドゴールド製ローターで駆動される両方向巻き上げシステムを使用。脱進機とヘアスプリングは、H. モーザーとオートランス社の姉妹会社であるプレシジョン エンジニアリングの自社製造によるものとなっている。

 これは、スイスの独立したファミリーグループである MELB Holding において複数の相乗効果が生み出されたことを意味する。まさに、自らのこれまでの資産を最大限、活かして次なる高みへと貪欲に進もうとするH.モーザーの意気込みが伝わってくる。

 また、エンデバー フライングアワーズのストラップとして、素上げのベージュ クーズー レザーを選定。このモデルに斬新なタッチを加えており、全体としての洗練さも飛躍的に向上している。エンデバー フライングアワーズは 60 個限定製造となっている。