« 上一篇下一篇 »

翡翠源玉の品鑑は個人の楽しみと集まりで円満に開催されます

12月16日に華潤凱旋門の販売所で開催された「翡翠源」玉の品鑑講座には多くの玉愛好者の注目と参加が集まりました。経験豊富な玉鑑賞師が来賓に自分の長年の鑑定の心得を分かち合い、お客さんが稀世の宝玉を鑑賞すると同時に、自分もとても豊かになりました。玉の鑑賞の知識に対して、現場の雰囲気が盛り上がり、拍手が絶えず、訪問客は凱旋門で開かれた今回の高品位な鑑賞活動に高い評価を与えました。

中国人の中の玉のコンプレックス

「ダイヤモンドは永久に遠く、一つは永遠に伝わる」という南アフリカのデビアスジュエリー会社の広告用語が広く伝えられています。時間の前に宝石に対する人々の感情を余すところなく表しています。確かに価値のあるダイヤモンドは多くの人にとって家業の宝として恥じない重要な役割を果たしていますが、穏やかで仁慈な中国人にとってダイヤモンドの輝きはあまりにも露呈しすぎて、比較的に高価できらきらと輝くダイヤモンドに比べて、人々は貴重な天然の宝玉を家族の世代に伝えられるものとして受け入れています。ブレスレットは骨髄の底から発する誇りと暖かさを中国人にとってはお金では測れないものです。多くの玉愛好家の夢を丸いために、華潤凱旋門は金鷹国際と手を携えてこの「翡翠源」玉の個人鑑賞会を開催しました。30年余りの玉鑑定経験を持つ有名な宝玉石鑑定師、品鑑師、鑑賞師の王斌さんを招待しました。知識と文化を共有し、長年の翡翠に対する研究の心得を共有する。