« 上一篇下一篇 »

腕時計がすり減ったらどうすればいいですか

腕時計は時間を計るのに便利で、装飾にも役立ちます。ですから、私たちの生活の中で着用するのが大好きです。でも、長く使うと、どうしても摩耗してしまいます。じゃ腕時計がすり減ったらどうしますか?下の腕時計の家に教えてあげます。

1、一つの腕時計の最も重要な核心はムーブメントで、たとえ中古の腕時計や骨董品の腕時計であっても、その芯が強いと、全く新しい時計に劣らないです。しかし、時計は微小精密な機械計時装置として、長期使用による摩耗も大きいです。

2、腕時計の磨耗部位は普通は針と弦に集中しています。一番典型的なのは板金の軸眼が磨かれてずれています。研ぎ、軸の穴が楕円形になっています。こうすると、ねじを巻くと、車輪が力によって傾いて歯車のかみ合いが変化し、ひどいのはよく歩けなくなります。だから、定期的に針と弦を点検して時計の専門業者達の必修科目になりました。

3、初期の腕時計は、主なサンドイッチの中心穴にドリル穴を入れず、中心の穴が最も磨耗しやすい部位であり、時計の分針をよく観察すると、針を回す時に、分針が回転している針の先が明らかにある位置で高く、180度の別の位置にあります。低いところに置くと、高い時は秒針とこすりが発生する可能性があります。低い時は文字盤とこすりが発生する可能性があります。この問題は修理にパンチを使って板金を押しつぶしてこそ、修復できます。

4、前の問題に戻ります。上の弦と針を回す時、上の弦は歯車が滑って、異様な音を出すことができません。針を回す時はきっとスムーズで、明らかな締めすぎや緩みすぎたり、緩みすぎたりしてはいけません。また、繰り返しのツイストハンドルがあり、時計の柄には段感があり、古い時計ではカバー板ばねの位置決めレバーが折れやすい場合があります。

5、少し力を入れて時計の取っ手を使って、時計の取っ手も簡単に取り出すべきでなくて、古い時計のムーブメントの横向きの車輪、立て輪の斜めの歯の磨耗の多いこと、引っ張り止めの尾のフックも特に問題が発生しやすくて、その上今ほとんど部品の交換がなくて、修理の上でとても困難です。もちろん、新しく出た時計には全く悩みがありません。

6、また、残りの検査は腕時計の蓋を開けなければなりません。友達は専門知識が必要です。ムーブメントの品相はとても重要で、至るところに明らかな修理の跡がある腕時計は必要ではありません。時計のバンドは専門修理の名表を持ってきて、機械で研磨します。文字盤のそばで研磨するには少なくとも二三百円が必要です。だから、磨きが必要な友達は腕時計の価値を見て価値がありません。