« 上一篇下一篇 »

自動機械式時計が消えない場合はどうなりますか?

機械式自動巻時計は、てんぷを回転させることにより巻き取られ、てんぷの回転は手首を振ることにより回転させられる。したがって、ユーザは、腕時計に十分な電力を供給するために、毎日腕時計を着用し、ある程度の手首動作をしなければならない。通常、時計を頭に巻いた後は、1日以上歩くことができますが、ばねがない場合は、離陸後すぐに停止します。腕時計の腕の動きの量が十分ではないかもしれません。時計を離すときは、手動でヘッドを20回回転させることをお勧めします。それが止まったら、それは時計の問題です。


機械式時計を12時間連続して着用した後、時計の時計は通常締められています。それ故、それが手首から取り外されて静止状態に置かれるとき、腕時計は12時間を超えて歩行能力を維持することができなければならない。しかしながら、これは、通常の着用状態の下で、個々のユーザが基本的に活動していないかまたは少量の活動をしている場合、テーブルが置かれたときに上記の基準を満たすことができないことを意味する。したがって、この場合、時計を取り外すときには、時計を数回振る必要があります;または通常の時計のように、配置するときに自動機械式時計を作るために手で少数のバネを使用します。


同時に、全自動機械式時計を使用する際には、以下の点にも注意を払う必要があります。


1. 10:00〜2:00の間に時間を調整することは禁止されています。


2.時計の調整が終わったら、必ずりゅうずを押し下げてください。


3、国家規格に従って、機械式時計(機械式自動腕時計を含む)、移動時間の誤差は45秒以内に制御する必要があります。


4、自動機械式時計は、ユーザーが毎日正常な着用を主張し、それを維持し、電力を維持し、正常な動作を保つために適切な量の活動を行う必要があります。着用者の活動が小さいときは正常かもしれませんが、遅いかもしれません。初めて使うときは、りゅうずを初期にするためにりゅうずを20〜30回回します。


機械式時計の原理を理解していれば、機械式時計のさまざまな問題に対処できますが、不可能な場合は、時計の修理店にしか連絡できません。それは公式のブランド修理店に行くのが最善です。