« 上一篇下一篇 »

シリコンバレーの新人マトリックスは体温駆動のスマートウォッチを開発

スマートウォッチ市場は非常に競争が激しく、大手メーカーにとって電池寿命は常に問題となっています。シリコンバレーの新興企業Matrix Industriesは、電池寿命の問題を解決する体温を利用したスマートウォッチを開発しました。


6月29日の米国メディア報道によると、製品を市場に出すために、Matrixは1230万ドル(約8,338万元)を調達し、またさらに500万ドル(約3390万元)を調達する予定です。新製品の開発



Matrixの創設者は、カリフォルニア工科大学で化学を専攻しているAkram BoukaiとDouglas Thamです。二人がまだ学内にいたとき、彼らは熱電技術を開発し始めました。


2016年に、同社はPowerWatchと呼ばれるスマートウォッチを開発しました公式ウェブサイトによると、このスマートウォッチは「体温で動く」ため、外部電源コードで充電する必要はありません。 Boukai氏は、「人の動きに応じて体温が上昇すると、PowerWatchはより多くの電力を生成するようになるだろう」と述べた。このスマートウォッチは、睡眠状態、歩数、消費カロリーも追跡します。価格は139〜179米ドル(約942〜1213元)で、9月から10月に発売予定です。


市場調査会社Strategy Analyticsが発表したデータによると、Appleは第1四半期にFitbitを上回り、ウェアラブルデバイス市場で1位にランクされました。しかし、AppleのApple Watchはその短い待機時間で広く批判されており、PowerWatchはこの点で有利です。