« 上一篇下一篇 »

腕時計は真皮の白い皮の表帯を保養してどのように保養します

ベルト腕時計ロレックスコピーは現在の社会で非常に流行しています。主にベルト時計は比較的快適で、柔軟で、服飾しています。だから、こだわりの人は、ベルト時計をつけるのが好きだ。

がっしりしていてはいけないが、皮の表帯は金属帯にすぎない。正常に皮をつけて持っていく生存の年限も2~3年で、これでは「消耗品」かもしれない。しかし、少しも肯定的であることは、日常の正常な帯や心のこもった養護だけでは、生存の寿命を大きく伸ばすことができる。

長期間の激しい太陽光の映りは、皮の表帯を色が抜けて色が抜け、皮質の老化を加速させ、いくつかの化学試薬も外見の色が変色したり脱色したりすることもありますが、装着時刻が力の引き合いになりすぎて、常に固定した位置でひびが出やすくなります。いくつか。

他の皮のものと同じように、皮の表帯が一番隠しているのは水で、長い間水に浸っていて、皮の表帯はすぐに硬くなって、人の汗をかぶせます。だから、革製の時計をかぶった腕時計をかぶって潜り(長い時間に水に触れるもの)をつけてはいけません。長い間の汗が水に浸っていて、カビが生えています。暑い季節を除けると、皮のベルトをつけているので、金属と皮の2本のバンドが用意されていて、涼しい季節にベルトを変えて、夏には金属のベルトに着替えています。

少しの表帯、表帯の2つの縁はすべて糸で縫製したのです;品質の差の1点の大部分はすべてゴムで合わせるので、表帯は水(汗の玉)かかびをつけた後に、どの1つのついた位置が最も容易になることができます。ゲルや外見にひび割れがあることが発覚したら、すぐにベルトを交換し、これで時計をなくします。

ベルト時計は清潔で、湿潤な布でベルトを軽く拭くことができます。1~2ヶ月ごとにベルト保護剤を使ってベルトを拭き、そして「ビーズ」(一般的な革保養剤)で表面を拭き、腕時計ベルトの質感を保ち、光の明るさを上げることもできる。