« 上一篇下一篇 »

中瑞自貿易協定がスイス表の関税減免になる

3年9回の交渉を経て、中国とヨーロッパ大陸国家との第1の自由貿易協定(FTA)が「花を開く結果」になった。中国商務部長の高虎城によると、中瑞FTAは全面的で高い水準と互恵的な協定であるという。協定のゼロ関税の割合はとても高くて、瑞方は中国側の99.7 %の輸出に直ちにゼロ関税を実施して、中国側は瑞方の84.2 %の輸出に対して最終的にゼロ関税を実施します。

中国商務省部長の緩建華部長は月曜日に記者会見で、中国がヨーロッパ諸国との自由貿易協定を締結することによって、中国は84 %のスイスの輸出品を免税にすることを明らかにしました。スイスの時計の輸入関税は、スイスの時計の輸入関税は、第1年に18 %、その後、毎年約5 %の減少、10年後には計60 %の引き下げを指摘した。

この協定は、スイスの時計の中国での小売価格を下げることになるが、値下がりの幅が確定するのは難しいという。中国とスイスでは、7月にスイス経済部長のジャann SchNannが訪中する際にこの協定に調印する。

現在の国内市場のスイス高級時計税は、主に11 %以上の輸入関税、17 %の増値税、1万元以上の時計を超えて20 %の消費税を徴収する必要があり、総合税率は合計50 %以上に達している。中国とスイスが貿易協定を結んで成功すれば、スイスのハイエンド時計も「ゼロ関税」の列で、その輸入関税は大幅に削減される。昨年の下半期には国内の「反腐敗」に力を入れ、さらにユーロ安を加えて内外の差が大きくなった。輸入のハイエンド表は中国市場で一時的に冷遇されている。この関税減免はスイスのハイエンド時計を揺るがすことができるかどうか、中国市場を奪回し、業界と消費者に注目させる。

一方、業界の人々は、関税の全体の高級品の価格構成の中で占めるコストはとても小さくて、5 %を上回っていないため、関税の減免はスイスのハイエンドの時計の国内の価格差に対して何の影響をもたらすことはできませんと指摘しています。「ゼロ関税があっても、最終的な小売価格に何の変化があったとしても、市場にとってより多くの戦略的意義がある。これは、過去の名表市場にも注目された」と語った。中国のぜいたく品消費税は1万元で、関税や消費税を免除する1万元以内の輸入腕時計が多くなると指摘した。同等の国産腕時計が衝撃を受けていることも指摘している。

全表を除いて、中国のスイスの時計部品の輸入も重点の1つであり、特に後者の有名な機軸部分について、業界の人々は、この部分の部品の関税が「ゼロ関税」に入っていれば、輸入腕時計の修理の価格が低下する可能性があると考えています。