« 上一篇下一篇 »

万宝竜「愛を銘」チャリティーイベントは150万ドルに達した

国際的な一掃の日に、国際的に有名な高級品ブランドの万宝龍は、2013年3月に本格的にスタートした万宝龍「愛を銘」として慈善活動を行い、7カ月後には国連児童基金(ユニオン)が150万ドルの善金を募集したと発表した。

文化と教育に力を注いできた万宝竜は2009年に初めて「愛を銘とする」チャリティー活動をスタートさせ、今まで続いていた。特に今回のイベントでは、万宝龍大班シリーズ「愛を銘」として、特別な秘蔵版の書き物、宝石の配付や皮具などの秘蔵の精製品を作り、その一部販売収益によってユニオンの教育計画を支持し、国連児童基金がアフリカ、アジア、そしてラテンアメリカを支援するために使用された。子どもが教育を受けて行われた校舎の建設。

万宝竜「愛を銘とする」シリーズは、万宝龍ブランドの優雅さ、精密かつ巧みなヨーロッパ工芸を十分に体現しているだけでなく、その背後に隠された慈善の意図によって、シリーズ全体が内包している。書き物の筆頭帽子の先端の六角白星は、ヨーロッパの最も高い峰モンブランの雪の頂を象徴しており、それは万宝竜が世界の一流の創作道具を作る雄大な志を体現している。筆頭帽子に青い宝石の霊感は、国連児童基金の青マークに由来し、子どもの生活環境を改善している。他のシリーズの製品は、革の財布、バッグ、ペン袋、ノート、すべて青色のマークが印刷され、国連児童基金に対する努力を怠っている。ステンレス製のポケットの表面にはマーナーズが入っていて、ブレスレットやキーホルダーにも青色の宝石が入っています。