« 上一篇下一篇 »

カルティエは宝を携えて「博抜群芸―中西方の宝の芸術展」に参加した

遼寧省博物館が主催する「博抽出芸―中西方秘宝芸術展」が9月13日に開幕した。1850から1949年までの歴史の中で西洋の宝の異なる風貌を示すために、百年間の工芸と美学の変遷の軌跡を検討し、遼寧省博物館は特にカルティエの典蔵を西洋の珍品として、館蔵と共に展示しています。外国へ渡航したカルティエの秘蔵の珍品はこのほど、遼寧省博物館で正式に開箱し、瀋陽の税関の現場は清関で、展示品を調べて協力を提供しました。

各界メディアの証人として注目されたアンティーク作品が、尊敬されている。その中で、カルティエの典蔵「挿板式の鐘」は、中国の素材やイメージを駆使して、見事な玉質の表盤に、雅致な山水の浮き彫りとなっており、表裏は神龍が気落ちして底から躍り出た。同じく玉石作品で、もう1本のカルティエ典蔵「ベルト」は中国の伝統文化の銅銭をインスピレーションとし、潤い、彫刻の後の翡翠が整列して、温潤な典雅、繊細で含蓄のある儒家の美を呈している。もう1枚のカルティエの典蔵の「天国の鳥のブローチ」は千枚近くのダイヤモンドによって飾られていて、その身振りは高貴に中華文化の中で瑞々しいゴンドラの歌に似ている。カルティエの典蔵では、ベルギーのエリザベス皇后(Queen Elisaiseth)にカスタマイズされた「巻物式の冠」にも真容を見せ、花輪風のエレガントな弧と花の葉のスタイルが女性の美への純粋な追求を満たしていた。カルティエの典蔵「中国風台式タバコ箱」の趣が豊かで、金玉や軟玉などの東洋的な素材で中国の古典の名作の感動的なシーンが描かれている。

遠道を除いたカルティエの秘蔵の珍品のほか、遼寧省博物館の貴重なコレクションが登場した。その中で、工芸のこだわりの「粉彩百花書き」は、粉彩技術を駆使して花団錦上がりの光景を描いた。四季の花は一器に集まって、繁雑で秩序があり、様々な姿があって、特に色を間違えて、美しく堂々としていて、美しい生活に対する憧れと万事如意を求める良好な願望を十分に表現しています。また1枚の“黒塗りのナットの西ボックスは小箱を覚えます”はとても特別で,それは体を通して黒い漆を塗って、螺鈿と金の切れで入れ墨をつけて飾ります。箱の面には、西小屋記の人物の物語、壁と箱の腹部は錦の紋様を飾って、箱の内に枝の枝の花を飾ります。最後に、美しい「絵エナメルツケ双連箱」が栄えた中国の雍正銅の胎画エナメルの工芸を再現。箱の内は松の緑の色の材料で、箱の外で明の黄色の上で絵粉、青、緑の8つの満開の牡丹の花、筆法は繊細で、その富麗、華貴と豊かな茂みは、繁栄と繁栄の象徴とされています。箱の底の白いエナメル、中心は赤彩の楷書「雍正年制」の四文字。