« 上一篇下一篇 »

スワキは4年目で最も低谷スイスの腕時計の売り上げが下落した

記者によると、国際3大ぜいたく品集団の一つであるスワキグループが上半期の財報を発表した。財報によると、6月30日時点で、グループ売上高は48億スイス法郎で、8.7 %増加し、前年同月比14.4 %の上昇幅が大幅に減少した。この数字は、2009年に今までの低成長率だった。一方、グループの株価も影響を受け、高位から約12 %下落した。

業界関係者によると、中国市場の影響を受けて、スイスの腕時計の半年の輸出の2つの市場の数は月平均の2桁の下落となったということです。これまで、売上の低下の負担は主に国内の代理店や販売店が負担して、半年の周期を経て、ブランド商は本格的な陣痛期を迎える。ディーラーは在庫の圧力が減少したためブランド商から仕入れを停止する可能性があり、やがてブランド商の苦境はさらに浮き彫りになる。

「国内の腕時計市場の未来は楽観できない。ブランド商がこの時に新しい成長点を見つけることができないなら、次の半年に良い成績を取ることは難しい」と、スイスのハイエンド腕時計中国市場総監は率直に述べた。