« 上一篇下一篇 »

香港は本当の力を購入した時03.21119の指揮官の青の限定版の宿題

実は宿題をするとは思っていませんでしたが、真剣に愛表フォーラムを手伝ってくれました。私もフォーラムのために小さな貢献をしなければなりません。そのために、かかとに何枚か写真を撮りましたが、自分の技術のようなもので、実際に撮っています。

先を振り返ってみましょう。実は表の認識が浅い(小さい時は上海、西鉄城などの名表にとどまっていて、大人になってからロレックス、オメガを知っていましたが、依然として何の石英、機械の点数を知らないのですが)、心の中の時計はやはりとても熱狂的で、もしかすると「女は包み、男の愛を愛している」という言葉があるのかもしれません。表がある。大学の時に時計を1匹使ったことがありますが、100元ぐらいはあるようですが、まだ正確です。それからずっと時計をつけたことがない。

この2年前まで、身近な仲間たちがたくさん時計をつけていたので、時計を買う考えがありました。最初は何千元の時計を買いたいのですが、その後、機械表を買うべきだと思っていましたが、予算はまだ10000以上で、それから何人かの友達が「機械表が買うのは少しいいです。1歩ずつ、そうでないと後悔する」と言いました。

すぐにオメガのAT8500に決めました。そして7月に友達と香港で1元買ったばかりなのに、私はまだ買うかどうか迷っていましたが、その時、義母さんにある波ピアノの名匠を買いました。その後、時計を買う衝動は火のように収拾がつかない。そして自然と愛表族を見つけ、真の力を知るというブランド。30000という値段の時計はOだけではないらしい。正直なところはOについては少し葛藤していますが、原因は認知度が高いからです。私はやはり少し低調にしたいと思っていますが、戴表にはBを入れるための部分があることを認めましたが、私はやはり低くしたいと思っています。

そこで、毎日の真力時版について、すぐに論壇された685に興味をそそられたので、このように多くの人が685を選んだのだと思います。685の価格は肯定的にOKということになりました。しかし400人の指揮官の青い限定版の作業を見てから、本当に中毒になった。しかし、やはり自分の腕が細いので、HOLがダメになってしまうことを恐れて、「AT8500、685と400の選択問題について」という意見を募集しました。

それは価格を知ることですが、この過程でマルクやビンビンの美人に情報を与えてくれて感謝しています。9月になって、港に行くチャンスを持って、ワンマンヒーター(実はこの店のあるビルは私が何度も来たことがありますが、この時計店があるのか、失敗したのかわかりません。)時計を購入する過程を完成しました。過程も何も言いません。本当のことを言って買ってきたというと、そんなに興奮していないという気持ちはありません。