« 上一篇下一篇 »

Tifany新押しの3つの“ドライバー表”、表盤のレイアウトは普通ではない

Tifanyは近日中のEast WSTの自動腕時計を発表した。これはこのシリーズ初の機械腕時計である。精製鋼の藍面、精製鋼の白面、紅金の白面の3つのバージョンがあって、鋼鉄の金は4 , 750ドルで、赤い金の金は価格が12 , 000ドルです。

このシリーズのインスピレーションは、20世紀40年のブランドのハンドバッグ(下図)に由来する。伝統的な表盤の配置に違い、アラビア数字は12と6の方向と腕の方向に平行している。つまり、江詩丹食のHistorieces American 1921のように、「運転手時計」であり、ハンドルを握って運転している状態で読むのに適している。サイズはやや大きく、46.5×27 mmで、非常に手を挙げます。しかし、表殻の両側と表裏はすべて弧の曲線の設計を呈して、理論的に上手な感覚はとても少なくなります。

内部にはTCO . 25 58自動上のチェーンコア(つまり、ヘルパー1000)を搭載しており、表の底にデザインをして、半円の背筋を作った――もちろん大きな背中ではできない。

最新発表のGPGにも、その姿も見られた。今回のGPGでは、Tifanyが2枚の時計を送って参加したのですが、このグループのCT 60 Dual Timeは、同じシリーズと同じ顔のカレンダーを報告したことがあります。販売価格は4 , 750ドルの精鋼白面East WSTの自動腕時計で、小指針賞——GPG専門を8 , 000スイスフランより下回った賞を受賞しているが、受賞できるかどうかは、入門選択としてもよい。