« 上一篇下一篇 »

W&W展新表――万国のパフェノSHOW

2014年のW&W表展の上で、万国が江詩丹トンとカルティエのような驚きを感じていたかもしれないが、今回の展示も深い印象を与えている。今回は4つのデザインが発売されていて、全17枚の新表があり、この数はSHHの程度に比べても、今回は万国のW&W表展もパシフィノのSHOWでもある。

この2枚の腕時計はプラネフィノの女性表には昼夜表示機能のある時計で、37ミリのサイズは中型で、今回の表展で主なテーマになっている。バラ金も精製も表の上にダイヤモンドをはめ込み、女性が人気を集めているデザインです。古典的な柳の葉の針の設計はずっとパフェノの時計で堅持して、2時間区と昼夜の表示は生活の中でとても役に立ちます。

その中で最も経典の大きい3針のシリーズも今年で革新を選んで、そして一連の481の時計を出して、簡潔な設計は国人の心の中でずっと経典です。今回発売された時計の中には4個のバラ金時計、6個の精製時計があり、その上、時計をくぐるかどうかを選ぶことができ、その中にはいくつかのカスタマイズの味が少なく、女性表ファンが低調に豪華な選択をしている。

今回のパフィノSHOWは、女性の表友たちに対して、この新金も彼女たちのためにデザインされたもので、同じ37ミリのサイズ、同じ大きさの3針で、12時には月相盤にすぎないということです。しかし、素材の上では、2つのプラチナの金と3つのバラの金の金があって、その上すべて時計の上にダイヤモンドを象眼して、その中の豪華な大気は一方角を見ることができる。