« 上一篇下一篇 »

小三針!それだけがヒットチャートで一番目を奪われる

スイスの時計波ピアノは、185年にわたる製表の歴史を持ち、長い歴史の中で数多くの経典を生み出した。ロンジンはもちろん、貴重な財産を持っていないということはありません。いつも製表の伝統を遡って、インスピレーションを汲み取り、多くの古典的な復刻表を出しました。今回も例外ではないが、今年のパリ展では再び腕時計を復活させた。

この波は1945年の古典表の中からインスピレーションを汲み取って、経典復刻シリーズの1945腕時計を出しました。正直に言うと、波の音は毎度の繰り返しではありませんが、今回の1945腕時計は私の目を引き付けました。そのデザインは典型的な極微な風の設計で、私に愛馬仕Sim dと思わせるHermesとノンマースを思って、もちろん、腕時計は自分の特色とロンジンの独特の優雅な気質を持っていて、また復刻表ならではの復古の息吹をかぶっています。

上の図の左側は波の1945表の金で、右側は新しい復刻表の金です。いずれも、円形ステンレスの表殻を採用し、小三針デザイン、小秒盤に6時位置に配置されて放射状の太陽紋で飾られ、光沢感があるとみられる。両者も黒で点形の輪を採用し、アラビア数字の際に銀色の宝石を落札した時に落札し、20世紀中葉の純正なスタイルを見せている。両方とも青鋼の柳の葉の針を採用して、美しい針は同じ線の優美な滑らかな時計の耳を呼応して、調和のとれた美感に満ちています。同じ点を除いて、両方とも異なっていて、最大の違いは表盤で、1945年の時計の採用は光麗の甘い色の表盤であり、1945腕時計は銅色の糸引きの表盤であり、両方とも温かな色であるが、新しい腕時計はいっそう陽剛に見える。