« 上一篇下一篇 »

どうして男は石英表が機械表に及ばないと思っているのですが、女はどうでもいいですよ。

腕時計といえば、石英表と機械表の2つの部分があることを知っていますが、この二つの部分に対する見方は、男と女の態度とは違います。この点が石英表に表れているということで、男は機械表をあがめ尊ぶかもしれないが、女はどうでもいい。これはなぜですか。

まず、あるいは最も本質的な原因と言って、やはり男と女は異なった天性を持っていて、男の人の強気、陽剛、勇敢は生まれつきの天性で、男の人の内心の深い所は強硬派のを求めて、彼らは鉄骨のような体を憧れます。そのため、男は機械に対する愛は骨の中に刻まれていて、男は機械表が好きで、男の人がレースに抵抗できないようです。女の人は生まれつき柔らかくて、美しい、ロマンチックで、女の人にとって、腕時計の外観は機軸よりもはるかに重要で、ダイヤモンドはいつまでも彼女たちの目を引き付ける。その上女性は往々にして機械の時計が比較的重くて、まだ比較的に面倒で、遠くで石英の時計をつけてみるより気楽に便利です。

その次に、腕時計は男の女にとって意味も大きく違う。男にとって、腕時計は自分の身分、地位、センス、個性を体現する配飾りであり、女性にとっては腕時計の多くは装飾の一種である。人は1枚の腕時計で男を判断するが、女性を判断することは少なく、女性は腕時計や宝石のアクセサリー、バッグなどの自分の身の価値を体現するものである。「男は表を見て、女はかばんを見る」という言葉ではないが、実際には、女性がバッグに対する愛は対面熱狂に圧倒されているが、その男はあまり耳にしない。また、戴表の男たちはいつまでも信頼できると思っていますが、意識的に表をつけている女性は、かえって戴表の女性が個性的だと思われます。なぜ男は機械表を推賞したのかというと、機械表は石英表より価格が高く、技術的な量が高く、見所がもっと多く、機械表をつけて、身分やセンス、個性を示している。