« 上一篇下一篇 »

窓式の簡単なカレンダー機能もいろいろあります

現代人がつけている腕時計は、基本的な分、秒、時の表示以外に、おそらく最もよく使われている「カレンダー」があります。すべてのカレンダーの中で最も簡潔で、最もよく使うのは単に単暦表です。ほとんど日常の生活環境の中では、単にカレンダーの時計を持っている人たちを見ることができます。簡単なカレンダー表に言及した以上、ここでは履歴書の中で最も優れたロレックスがないことは間違いなく、ロレックス特有の3点位の拡大鏡のあるカオイ式表が記憶に残る。ロレックスは、その一目で認められる特徴を備えていますが、機軸のデザインもできるし、特にカレンダー側のデザイン――本格的なカレンダーがジャンプします!ロレックスはいつでもカレンダーを調整する時に点字がないので、危険な時間の制限を受けることを心配する必要はありません。そのため、多くの友人がロレックスのカレンダーが特徴であると思っているが、十分な増幅のレンズを拡大するほか、カレンダーが12時にはジャンプするのも最も先進的な設計の一つである。最も代表的な単暦の機軸はCal. 357です

外観上によると、通常は窓式のカレンダー表を開いて、マスクの3点位または6時位に設計されているが、現代人は視覚的に新しい新鮮さを求めているため、カレンダーの開窓位置を1点と2時の間、4時と5時の間に設計されたり、12時の位置に設計されたり、特にダブルカレンダー表、表盤が窓を開くの位置は異なるデザインを採用しています。

オメガのCal . 1020のように3点位の日付と曜日の表示を採用したように、比較的伝統的なダブルカレンダー表示方式で、開窓の位置が針の軸に近いため、デザインは非常にぼんやりしている。

また帝舵のような7682は12時位の1週間を採用したが、3時位の日付設計では、la Cal . 234の機軸を採用して、視覚的な効果は比較的に生き生きとしているが、欠点は12時位のロゴの位置が時には比較的に気まずいことに見える。