« 上一篇下一篇 »

添え板のモジュールを並べる構造体の型と故障は修繕します

波の道の腕時計の構造の知識に従います:添え板のモジュールを並べる構造体の型と故障は修繕します(図)

添え板のモジュールを並べる構造体の型と故障は修繕して、その固定の形式について添え板を並べて、分ける飛躍的と橋式のがあります。通常の並べるのは添え板の上でねじの孔と人がいるを除いて孔(あるいは1本のくぎの杭)の外で打って、また(まだ)イベントの外で施設を支えるのとアンカー耳(固定の外で杭の孔が原始の添え板のために用意した)、イベントの速度の針を備えます。国外は一部は添え板を並べてまた正確な速度の装置を加減するのに協力するのを置いたのを増加して、一致していない中央の板のモジュール。

図の8―1の示した並べる添え板のモジュール、外杭の固定の孔は振り子の添え板の上で、腕時計のチップ調整の偏っている振り子時、必ず添え板を並べて、回転する空中に垂れる糸の内で杭を通じて(通って)空中に垂れる糸を矯正してと順番に当たる向かい合う位置を並べに来を解体しなければならないのです。車輪の支え装置を並べて属して地震に備えないで構造、ドリルを下ろす固定を振って添え板と主な添え板の上で並べていて、受石を下へ振って片上を頼むに埋め込みします。添え板の背面のバックアウトの2匹を並べてから板のねじを頼んで、板、速度の針部品を頼んでと添え板を並べて分けて解くでしょうことができて、設置する時均等に2本のねじに入って板を頼みで貼りを回るべきです。速度針部品の中で速度の針の、外ではさんでとの内ではさみを含みます。栓抜きが挿入する外に回転する外にすぐ怒るねじの溝あわせを表すことができるはずして空中に垂れる糸部品を設置します。