« 上一篇下一篇 »

木と腕時計の業界の比喩関係

最も表を作成する商達愛顧の比喩を受けて木の言い方に関して数えます。もしも私達の雑誌とウェブサイトを閲覧して、あなたはそれがメーカー達に何度も使われを発見します。いくつ(か)の例を挙げますか?SIHHジュネーブの高級の時計の国際サロンが開催する時、Jaeger―のLeCoultreジャガー・ルクルトの1篇に関して編む文章の見出しを補うのははっきりと“ジャガー・ルクルトの木”といいます。もう一つの例はAudemarsPiguetに対して相手の最高経営責任者PhilippeMerkの取材の中で好きなことが現れて、その時彼は“RoyalOakTree皇室のゴムの木”に言及しました。上1号のEuropaStar名は世界を表して1篇掲載してLange&に関係します S?hneの文章、“理解の木と木の根”の方面の紹介ランゲ学院から。

どうして木の比喩が使うのがこのように頻繁ですか?多分時計の職人の目中でためで、木が私達の社会の状態と密接に関連するように、それと時間単位の計算の芸術も複雑で入り組んでいる連絡を持っています。すべての生物の中で、人類は最も空間を統治するのを得意として、木は明らかに分かって時間を掌握していて、木の寿命-カリフォルニアのいくつかの種類のスギの木を越えて甚だしきに至っては生存することができる近い5000年その他の生物がないためです。木は実際には不朽でで、それが無限な増加のことができるためです。聞くところによるとスウェーデンの1粒のトウヒは紀元前に7158年発芽して、今すでに9000年余り離れます。そのため、表を作成する業は木を時間の主人をするに比べて少しも驚かせませんでした。でも、私達は関心を持つのこのような比喩の復興です。

長い間、腕時計の理念と近代化する観念が分けられません。全世界のビジネスが日に日に多忙なことに従って、交通運輸の正規化、および世界経済のインタラクティブ、腕時計の社会の重要性は絶えず増加します。今日、“瞬時の時間”は金融の取引の核心を占めていて、空間と境を取り締まって、空間運動を移動してしかしもっと良く時間の木に慰める鼓舞するシンボルになるようなのを掌握することができません。世界は恐らく私達の目の前で崩壊して、危機は全世界の金融危機を誘発することができて、階層の観念は恐らく動揺して、しかし木は雄大にまっすぐに立って、彷仏陀はひとつのが人の喜んで安心する基準点をさせるのです。