« 上一篇下一篇 »

アテネ表の「油井をくぐって」の新聞紙に金光がきらめいていると聞く

アテネ表の珍しい独特な腕時計シリーズの「くぐった井戸」は、新聞紙に聞くと工業界に敬意を表した。黒いエナメルの表面は腕時計の中の一つの明るさで、手の精進で細々とした黄金を飾り、油田の規模を描いたり、油井をくぐって世界中に石油を供給する場面がある。

18 Kのバラ金とプラチナの表金はそれぞれ18枚の限定で発行されている、珍しい独特な腕時計シリーズの「くぐった井」は、報われた時計に人の力を誘う。表盤の図案は生き生きとしていて、非常に魅力的で、描写された細部は非常に正確である。

腕時計そのものを作るのはもっと迫っていて、油井のポンプの腕をくぐったのが活動装置で、時報に従って音の上を下に移動し、整点や必要な時に自鳴します。ハンマーが弦を打つとき、油井をくぐると同時に移動する。腕時計は非常に複雑な装置であるが、「油井をくぐる」は、時報の操作が簡単だという。ボタンを簡単に軽く押すだけで、自鳴報は好みによって起動または停止することができる。時の針が左の砂時計に指針すると、自鳴時の機能は停止する。逆に、針が小さい円点を指していると、自鳴新聞が起動する。アテネ表は、初期の復興に関する表技術のメーカーで、今でも世界でも少数では、テーブルの上で、人形の作成した質問表を作るブランドを使用している。

腕時計は同様にアテネ表のある大師級のエナメル工芸を選んで、これは深い受制表商とコレクター重視の芸術です。そのほか、アテネ表が「油井」を作ったときには、難易度の高い手作りの彫刻が加わった。

まず、彫刻の専門家が金メダルの形を作って、一部の厚みや生き生きとした図案を作ります。そして、エナメル師は表面に黒いエナメルを入れる。この方法は、厚金属の表面に凹溝を彫ったり、湿潤なエナメル溶液を埋め、そして高温の焼き焼きを経てエナメルにまで溶けていくのです。エナメル表面を冷やすと、人手で磨きをかけて余分なエナメルを落とす。その後、金メダルは彫刻家に戻って最後の修飾を行う。この多重化工程の後には、油井、輸送油管、建築物、風景をくぐる。