« 上一篇下一篇 »

見通しが良いのは良いようなスマート腕時計

Apple Watch Series 2の発表に従って、スマート腕時計がまた注目の焦点となった。記者の調査によると、この2年間のスマート腕時計は急速に発展し、多くのブランドがこの分野に力を入れ、アップルやサムスンのほか、SwatCH、豪雅、MK、カシオなどの伝統的な製表ブランドも続々と入っていることがわかった。ブランドの熱に合わないのは市場の販売状況で、世界のスマート腕時計は2016年の出荷量は2010万元に達する見込みで、前年より3.9 %増加した。これに対して、業界関係者は、スマート腕時計の多くはギャグで、既存の製品は設計や機能に制限があり、市場を速やかに占拠することは難しいと分析している。

記者によると、アップル社のほかにも多くの有名な電子グループがスマートフォン市場で山積していることが分かった。韓国の電子産業大手のサムスン科学技術技術者は今月、最新のスマート腕時計GSTS 3を発売した。スイスの製表のタイガータイガー・タイガーのスマートフォンは最近、新しいリーグ戦の色を持つ独特の表盤デザインを販売しているが、スイスの時計メーカーグループのSwatCHは、2016年に3つのスマート腕時計を発売することを示している。このほか、アメリカの軽豪奢ブランドMKと、スポーツ腕時計で見た日本の腕時計ブランドのカシオが、スマート腕時計分野への進出を発表した。