« 上一篇下一篇 »

愛馬仕In The Porketバラ金腕時計赤牛の皮特別版

In the Ponketのバラ金赤色の小牛の腕時計は、Only Watchの1枚だけで、厳選され、抜群である。直径40ミリの円形のバラの金を腕時計の形で配し、49ミリまでサイズを増やした。精緻な黒の表盤は、赤い分刻みで、赤の小牛の皮と合わせます。棒状の針は、数字を簡素化した時に開いていて、3時には針が回って歩く。腕時計には愛馬役の自家製H 1837の機軸を搭載し、動力備蓄は50時間用意されている。自動的に精錬するメカニズムは最も優秀な製表の伝統を維持して、円形の打磨とかたがたの模様の基板を表示します。

In The Ponket腕時計のバンドの制作はとても繁雑で、過程が長くて、堅固に耐える技術の造詣を講じる。表帯は2段ずつ短くなった部位で構成されており、それぞれBoucleteau(長さが比較的に長くて穴があり、6時位置を結ぶ)として、sanglon(より短い時計のボタン部位、12時の位置を結ぶ)、愛馬仕時計がスイスの革工坊で手縫って縫製された。

この2つの部分は3階の革で構成されています:ショートキスワニの皮の表層、強靭性の内包層の牛の皮を確保して、そしてZermatt小牛の皮の内にあります。まずカット工程で、これはカット皮層を含んでいます。革を浸した後に押します。革は風乾性10日後には、鋭利なツールで重層カットを行い、サンドペーパーのエッジ及び粘合を行う。その後、各部位の部分を縫合し、短い表帯で表盤の外観を見せる穴を裁断し、長い表帯を埋め込むことができ、表冠の穴を切り抜ける。