« 上一篇下一篇 »

ロジャードゥの星の中の透かし彫りの時代は鬼工の透かし彫りをする

彫刻は人類が身につけた最も早い芸術の創作の一つであり、彫空は彫刻芸術の中のお使いである。古代中国では玉彫刻をはじめとする彫刻工芸品の中で、透かし彫りは最もハイエンドなデザインとされています。青銅器や磁器などの大きな中で、透かし彫りも難易度が高いが、効果的な創造性があります。西洋では、ルネサンスは時代の潮流の先端を目指して、当時の最もファッション的な服装の設計の中で、1種の切り口の装飾があって、外視の上で口を切って内に引き立てて、内外の生地は互いに引き立てて独特な透かし彫りの効果を構成します。バロックやロカオ風の勃興は、洗練された、複雑な芸術の特徴を極致に発揮され、透かし彫りとして、当時の建築や時計、宝石などの工芸品も兵器、鎧にも、透かし彫りの想像を残していた。

時計に応用された透かし彫りは一度は伝わらず、20世紀30年代まで復興し、スイスの代代の時計職人の開拓につれて発展した。Roger Dber Douus杜は、伝統的なシンプルな装飾的な彫刻の彫刻を打ち破って、思考に逆らう芸術の設計に逆らうことで、機軸の部品を透かしの効果に組み立て、Roger Dber Douuisuisdomを現代の透かし彫りと機械、芸術と完璧に融合させる創造者になる。

Roger Douuisuisdomの透かしは、シンプルな彫刻スタイルではなく、建築、彫刻、絵画、映像、ファッションデザインなどの芸術的なアイデアを含む美学創造を融合させた。これらのインスピレーションの出所は建築家のスティー文・ホル(Steen Holl)、ダニエル・リー・ボース金(Danielライブレス)、ファッションデザイナーエリス・ヴァン・ホーン(Irs van Herpen)、加勒斯・普(Gareth Puュー)、彫刻家兼芸術家ベロワール・ラメシエ、画家兼芸術理論家カシミール・マレービッチと優れた監督、脚本家とプロデューサーのティム・ボトン(Tim Burton)。