« 上一篇下一篇 »

前衛の科学技術と絶美芸術が共存し,アテネ航海の大明火のエナメルの飛輪を見立てた

「腕時計の家2018ジュネーヴ時計展」アテネ表マーク的な航海シリーズは、新メンバー航海の大明火エナメルブルーの大明火の表盤を迎え、珍奇な青い大明火のエナメルで優雅な美しさを作る。若いアテネさんが1846年に第一の世を渡る作――航海天文鐘が始まり、航海はアテネの中心のテーマである。アテネさんが開発した精密航海器は、世界各国の海軍に愛され、日本海や展望角に足跡を広げ、今の時計師たちの霊感の源でもある。

青の表盤は広大な海の色に引き立てられていて、金貨の紋表の輪、ローマの数字の時は落札して、青い大明の火のエナメルは精巧で繊細で、皿にレベル感を持って、6時の位置は注目の60秒の飛行機の飛輪で、12時方向は60時間の動力の貯蔵によって表示されて、優雅な針の設計はローマの数字に組み合わせます落札します。精密な航海時計として、防水は100メートルに達する。

この近代的なファッションの航海の大明の火のエナメルの飛輪、1つの独特な青いエナメルの表盤を組み合わせて、アテネの個性の最も重要な3つの柱である、自家製の機軸、前衛の科学技術と絶美な芸術を結びつけることができる。