« 上一篇下一篇 »

130枚の制表伝奇宝揃え2018 Baselワークの新商品をまとめてまとめた

2018年にはスイスの有名な製表ブランドの宝そろった130年で、この年のバーゼルの時計ジュエリー展で、世界初の技術一馬利竜双外縁ドッツン時計(Mano Terbilon DoubePeral)を発売しました。この輝きを記念して、自家製CFB T 3000の機軸を作って、ブランドを展示しています。技術の造詣。今年の表展とは異なるブランドの2つの古典的な作品があり、それぞれマリロン縁動力腕時計(ManロPeripheral)とマリオ・ドラゴンボールのカウントダウンリスト(Manロフラッシュ)の新モデルとして、さらに好評のエドマールシリーズ(VMAVI)でも多額の優雅な新作が追加され、腕時計のラインナップが高まっている。

2018年にバーゼル時計ジュエリー博覧会には、スイスの有名な時計ブランドの宝揃えは、新しいマリロン双外縁陀飛腕時計(ManロTerbilon Doubeperal)を出して、新しい自家製CFB T 3000の機軸を組み立ててブランドの優れた革新的な技術の造詣を展示します。というのは、この腕時計に搭載されたツンドラの枠と、伝統のドッツカーとは違って、空を漂うような、世界初のアイデアです。また、ブランドは、そのマーク性の外縁によって連鎖技術と独特のドッカフレームの外縁装が技術と結合して、再び腕に優れた傑作を作り、観賞者に深い印象を残している。