« 上一篇下一篇 »

今月7日から20日まで台北101 MALで本格的に登場

宝プラチナ「ハート系海洋世界ツアー撮影展」は、2016年の元月7日から20日までに正式に台湾に上陸し、天、宝プラチナグローバルマーケティング副総裁のアルインDelamuraz、2015年の宝プラチナ表50周年写真撮影の下でカメラマンのアランLoと、有名な監督・宝プラチナ「心系海洋世界ツアー展」活動大使の馬志翔さんが一緒に出た席活動現場は、海洋保育の議題に貢献する力を提唱しています。

宝プラチナグローバル総裁兼最高経営責任者マーク.ハイエーク(Marc A . Hay ek)は、2014年10月9日に「心系海洋計画」を正式に発表し、海洋保育に対する成果を公開したことを発表し、各界の応答及び公衆団体の海洋保育に対する重視と参加を得た。メディアの伝播は、わずか4年で300万平方キロの海の面積を救った。今回は、台北101 MAL 4 F広場で開催された「心系海洋グローバルツアー展」で、ダイビング、探検撮影、潜水腕時計の発展と海洋資源保護の情熱と重視を結びつけている。展示区は深海芸術区と探索区、伝奇的な「五十路潜水表」歴史区、および宝プラチナの海洋保育貢献区を区分している。

「心系海洋グローバルツアー展」は、2016年元月7日から20日までの2週間の展示期間で、台北にある地印、国際的な商業、金融、ショッピングセンター、台北101 MALで開催された。建物の外形は、竹のように「成長が咲く」という概念を伝えるように、大自然と生きていくことに対して、生きていくという理念が一致していません。これを除いて、今回の展示を重視するため、開幕当日は特に宝プラチナグローバルマーケティング副総裁のアルインDelamuraz、2015年の宝プラチナ表50周年記念撮影の下でカメラマンのアリLo、有名な監督と宝プラチナ「心系海洋世界ツアー展」活動大使の馬志翔、台北101社長の周徳さん宇共は撮影展の始まりであり、さまざまな分野での影響力によって、海洋保育の議題の重視を喚起する。