« 上一篇下一篇 »

ドイツの清らかな工芸の故郷、ヒルウェイ撮影展2016年4月26日、中国美術館が幕を開く

『サクソン:ドイツの見事な工芸の故郷――』は中国美術館で正式に幕を開けた。このプロジェクトは、中国の有名な写真家、ドイツのサクソン州のラン格製表会社と協力して完成し、中央美術学院長の范ディアン・フェアが展示され、光明日報社が主催する。策展人のプロディアン、写真家のヒルウェイ、ラン格総裁のWilhelm SchmID、中国美術館の副館長の張子康さんが展示している。

サクソン:ドイツの優れた工芸の故郷、ヒルウェイ撮影展2016年4月26日、中国美術館が幕を開けた。

サクソン:ドイツの精華工芸の故郷のビルウェイ撮影の幕式現場図1(左から右朗格総裁のWilhlm SchmID、策展人中央美術学院院長の范ディアン、写真家の会見、中国美術館の副館長の張子康)。

展覧会は、CITY CAP(都市風景)、ポインダーOF ViW(視角)、CharACTerS(サクソン)、クリティシティー(職人芸)とASPTS(方面)の五つの空間を通じて、ドイツ東部のサクソン州の自然、歴史、人文、商工の伝統と人物をテーマとしたモノクロ撮影作品を150枚余り見せている。CITYの中には8つの大きさの大きさがあり、高低のあるケースは抽象的な「都市」を構成し、建築、河川、橋などの都市景観を展示している。石子の路面と木製の通路を敷設したポインディングOF ViWは、サクソンの自然の中の雄奇と秀逸、静けさと力を展示している。CharACTerSは、様々なサクソンの現代的な生活秩序を満たすことができます。CAFTSMANetIP内の作品は、サクソン州の才能がある手芸者の仕事の状態を捉えている。