« 上一篇下一篇 »

IWC万国表は、ポルトガルシリーズの双追針率表ミラノ専門店特別版が発売された

2016年8月、スイス製表家のIWC万国表では、ブドックスシリーズの双追針時計米蘭専門店特別版が発売され、100枚限定で、スイスシャフハウゼンから約140年の高級製表を演じた。表の底には、独特の限定番号「Biscion」の草蛇の模様が刻まれている。

今回、IWC万国表にはブドックスシリーズの双追針時計ミラン専門店特別版が発売され、100枚限定で発売された。新しいポルトガルシリーズの双追針時計は、ミラノの専門店特別版はIWC万国表の一貫した製表の風格を続けていて、表盤の構造は精妙で、優雅に伝わっています。腕時計は赤い金の殻の殻で、青色の表盤と黒のワニの皮の表帯を組み合わせます。表盤はバランスのとれた構造を採用しており、12時位と6時位のカウントダウン盤で、表殻の10時位置には両追針機能制御ボタンが設けられており、中央エリアに位置する刻度は測速計機能であり、表盤エッジ上の目盛りは測距機である。表の底には、独特の限定番号「Biscion」草蛇の模様が刻まれている。「Biscion」はVisti家族のロゴではなく、ミラノ城のシンボルマークでもある。