« 上一篇下一篇 »

「愛楽の城」は7つの金球賞を受賞した。

2017年1月9日、映画「愛楽の城」はアメリカのロサンゼルスで行われた第74回金球賞を横切って、最優秀監督賞と最優秀脚本賞のほかに、コメディ類の最優秀映画、最優秀配給、最高のオリジナル曲、レイン・ハイスリンとエマ・ストーンを獲得した最優秀男女の主役賞を獲得した。

「愛楽の城」は7つの金球賞を受賞した。

第74回金球賞授賞式ニュース発表室「愛楽の城」俳優とスタッフの写真

「愛楽の城」は、最優秀喜劇映画で第7項の金球大賞を獲得し、「飛越狂人院」(1975年)と『真夜中の急行』(1978年)に保持された6賞の記録を超え、金球賞史上初の映画賞の数となった。

「愛楽の城」は7つの金球賞を受賞した。

最高のヒロインエマ・スルート、監督のダミオン・捜査沢雷、ベスト男子主人公・ライアン・ハイスリン

アカデミー賞ノミネート・ダミオン監督・検沢雷が受賞した時には、積家MasマスターGransのUltra Ton大規模超薄型のカレンダーのバラ金金を着用している。

「愛楽の城」は7つの金球賞を受賞した。

監督のダミオン・捜査沢雷は、積家MasマスターGrans Ultra Thn大規模の超薄型カレンダーシリーズ腕時計バラ金を身につける

「愛楽の城」は7つの金球賞を受賞した。

積家MasマスターGrans Ultra Thn大規模超薄型カレンダーシリーズ腕時計バラ金金

2016年8月31日、「愛楽の城」は第73回ベニス国際映画祭の開幕式で、ベニス国際映画祭との協力も10年を超えた。

映画『愛楽の城』には、抱負の女優ミア(エマ・ストーン)とプロのジャズピアノ師セバスティアンが、大都会での生カウントダウンに努め、出会い、愛し合い、支え合い、希望を追う物語。物語は現代のロサンゼルスであったが、別格のオリジナル音楽で主人公が夢を達成していくとともに、芸術と商業、夢と現実の間のぼんやりとしたゲームを描いている。