« 上一篇下一篇 »

オリス――サメの命名権のために、この潜水表撮影が狂った!

2017年はち月27日、百年の歴史を持つスイス独立タブブランドオリス(ORIS)、手を携えてアリババ傘下の閑魚オークションプラットフォームを初場」と万人パワー海洋公益”潜水腕時計オークション活動、朝から夜まで続くじゅうにじゅう時のオークションマラ松最終インデックス22、054見物、196輪回入札次遅延、さん、この枚いち元起拍潜水表ついにじゅうご、ED 26おまえだった元超公价落!落札者だけが成功を「海洋公益パワー人」と呼ばれ、オリス上海でも手を携えて海水族館(SOA)育てるシロワニの活動の中で、サメ擬定愛称。

オリス腕時計の生産で潜水歴史は続いて半世紀余り、オリスにとって、海洋の環境保護はまるですでにブランドが実行の光栄な事業。近日、オリス手を携えて山猫及び上海海水族館、共同開催サメ育てる公益活動。このような国内の希少な協力のメカニズムを借りて、三者の発声は社会大衆に海洋環境保護の緊迫性に注目し、海洋公益を真実な行動にすることができる。

昨日の撮影の腕時計をオリス腕時計バンドモデルAquisカレンダー潜水黄色、大気のファッションのデザインは明黄色を主として色、保証した水中はっきり読みながらも専門度、300メートル防水性能を泳ぐ潜水者の海洋の世界。時価七夕、成功者とともにオークション収獲した一部の「すごい」の七夕のプレゼントは、オリス上海海水族館育てる一尾館内の生活シロワニ命名ニックネーム、ニックネーム、近日発表。