« 上一篇下一篇 »

監督兼探検家のジェームズ・キャメロンはアメリカの地理とロレックスとともに海の一番深いところを探る

「アメリカ、ワシントン」―監督兼アメリカ国家地理協会(ナショナルジオグラフィック)常駐探検家ジェームズ・キャメロン(ジェームズCameron)今日の発表は、彼は来週から地球を探求して海の一番奥――は海面下ななしちマイル(約11 . 2キロ)でのマリアナ海溝。キャメロンは乗って1隻の特製の潜水器展開今回深海探検活動、このマークを本人、国家地理協会とロレックス三方共同発展の科学研究プロジェクトDEEPSEA CHALLENGE本格始動。この深海の科学研究と探検活動は、地球上で最も広くても未知の海底世界の認識と理解を広げることを目的としている。

キャメロン今回の歴史的なDEEPSEA CHALLENGE探検プロジェクトは、人類史上初めて乗っ有人潜水器、マリアナ海溝の一番奥の「チャレンジャー深淵」(Challenger Deep)で大規模な科学の探求。彼の計画はここでグアム南西約200マイル(322 km)の太平洋海溝の底にわたりろく時間の科学の活動として、海洋生物学、生物学、海洋微生物、天体地質学や地球物理学研究サンプル採集。

頼りに先進的な工程と技術力、キャメロンと彼のグループは今週、パプアニューギニア付近の海域で潜水実験に成功した、何度も自由を含む深海潜水し、さらに次のシングルの運転搭乗は革命的突破潜水器DEEPSEA CHALLENGER潜入をごマイル(以上はちキロ)の深い海域。この隻潜水器はち年経て丹念に開発し、それは今のわずかに殘すのが潜水海洋への一番奥の有人深く潜行器。