« 上一篇下一篇 »

夢のようにアジアミス氏東方芸術館とカルティエ

自2015年じゅういち月じゅうに日から2016年2月にじゅうよん日、鮑氏東方芸術館はジュネーヴ開催「夢徊アジア」特別展。この度の新境地の展示は対照比較の形式、出品カルティエアーカイブを厳選160作品や、百件鮑氏から東方芸術館のコレクション。今回の展示は漢学の専門家李秋星(Estelle NiklèsヴァンOsselt)策展を明らかにするとカルティエアジア文化の縁。この未曾有のユニークな視点をリード観客思索カルティエは東方世界の不断の探索を味わって、同時にジュエリー大師ルイ・カルティエ(Louisあげとコレクターアルフレッド・バウアー(Alfred Baur)の遠見卓識。

19世紀から20世紀、「奇珍」(curios)を徴服した西洋。これらの中国から日本に満ちたり、異国の魅力の品物を幻想的に飾って、さまざまな種類の素材で作られ、西洋で巻き起こす株式アジア熱、ひいては芸術の画像もヨーロッパ深遠な影響を生みました。この時期に達成したいくつかの人で、中でも創作アーティストアルフレッド・カルティエ(Alfredあげ、1841-1925)と3人の息子:ルイ(Louis、1875-1942)、ピエール(Pierre、1878-1964)とジャック(Jacques、1884-1941)、そして収コレクターアルフレッド・バウアー(Alfred Baur、1865-1951)。にもかかわらずパリジュエリー大師カルティエアジア風のデザインで知られていて、しかしその歴史と文化背景は知られ、対策の展が芽生えてきた人はここからこれらの宝石とジュネーヴ鮑氏東方芸術館のコレクションを対照の構想。展示の推進につれて、「夢徊アジア」を展開镶钻て—宝塔とパビリオン、真珠のような月光、輝く鳳凰と玉竜、描く片夢幻の地。だけでなくカルティエの魔力を発揮、極めて魅力的、鮑氏東方芸術館のコレクションを御用達で、貴金属の漆器、刺繍シルク、玉器、カラーエナメル、根付、剣飾や浮世絵も、この前例のない会話の中には、不思議な東侧を描く。